クラウドストレージ アップルジャパン Apple Apple Online Store

Mac環境の職場に最適なクラウドストレージソリューションの選び方

仕事でMacを使うにあたり、対応しているクラウドストレージソリューションは数え切れないほどある。ここでは、仕事に使えるクラウドサービスを選ぶヒントを紹介しよう。

 仕事の現場だけでなく家庭においても、ファイルの保存にクラウドサービスを使う例が次第に増えている。きちんと設定しておけば、クラウドストレージにはドキュメントや表計算シート、プレゼン資料、写真、そしてビデオだって保存でき、デスクトップPCやノートPCが壊れてもファイルを失わずに済む。さらに、然るべき設定を施すと、複数のユーザーが異なるデバイスからファイルを共有して編集や閲覧することも、クラウドストレージを介して簡単に行える。

 すでに多くの組織が何らかのクラウドソリューションを利用している。ところが、ユーザーや部署によっては従来型ストレージや別のタイプのクラウドストレージを使っているところもあるだろう。必要性は時間とともに変わるし、価格と機能も同様に変化する。そのため、たとえ現時点で標準的なソリューションを使っているとしても、それがニーズをうまく満たせているか常に検証するとともに、新機能を売りにしている別のプラットフォームが改善につながる可能性も絶えず検討しなければならない。以下では、Macを導入する企業で、最適なクラウドソルーションを選ぶために検討すべき評価ポイントを挙げる。

バックエンドメールにMicrosoftのホスト型Exchangeサービスを使っているか?

残り本文:約1406文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]