アクセス管理 暗号化 日立ソリューションズ

秘文:デバイス制御や暗号化で情報漏洩を防ぐ、アクセス権も管理

「秘文」は、媒体へのデータコピーを制限する「秘文 Device Control」、データを暗号化する「秘文 Data Encryption」、ファイルのアクセス権を制御する「秘文 Data Protection」で構成されている。

 日立ソリューションズの「秘文」は、データの暗号化やデバイスの利用制限などの機能で企業からの機密情報の漏洩を防止するソフトウェア群。(1)媒体へのデータコピーを制限する「秘文 Device Control」、(2)データを暗号化する「秘文 Data Encryption」、(3)ファイルのアクセス権を制御する「秘文 Data Protection」――の3つのソフトウェアで構成する。

 秘文 Device Controlは、情報の漏洩経路となるデバイスやネットワークの利用を制限する。スマートフォンやリムーバブルメディアなど各種デバイスの利用を制限するほか、テザリングや公衆無線LANなど企業が許可しないネットワークの利用を禁止する。マルウェア検出ソフトと連携し、マルウェアへの感染が検知された端末のネットワーク通信を自動的に禁止する運用も可能。

 秘文 Data Encryptionは、データを暗号化することでファイルが漏洩した場合でもファイルデータの内容が漏えいしないようにする。USBメモリやCD/DVDなど各種デバイスに書き込むデータやファイルサーバ上に書き込むデータを自動的に暗号化する。

 秘文 Data Protectionは、ファイルへのアクセス権限を制御することでファイルの2次利用を防止する。例えば、ファイルを参照する以外の操作を禁止して、ファイルのコピーなどができないようにできる。必要に応じてファイルの参照もできないようにできる。アクセスログを監視し、ファイル閲覧が想定外の場所や地域で行われたことを管理者にメールで通知するといった運用もできる。

秘文 Device Controlの概要
秘文 Device Controlの概要(日立ソリューションズ提供)
秘文の概要
用途と機能情報漏洩を防止するソフトウェア群
製品構成と主な機能秘文 Device Control=外部デバイスへのデータコピーを制限、マルウェア感染端末のネットワーク通信を遮断
秘文 Data Encryption=リムーバブルデバイスやファイルサーバなどのデータを暗号化
秘文 Data Protection=参照以外の操作を禁止するなどファイルのアクセス権を制御
税別価格ライセンス購入型は1台あたり1万円
サブスプリクション型は1台あたり年額5000円
価格は3製品で共通で、1製品ごとにライセンスが必要
発表日2015年6月24日
出荷日2015年8月31日

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]