BI クリックテック・ジャパン

分析、データ、クラウドの3分野でイノベーションを拡大--Qlikのフィッシャー氏

「QlikView」の開発元として知られる米Qlik。グローバルプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントを務めるJames Fischer氏に聞いた。

クラウドやOEMなどの形態でも提供を開始

 また今回、新たにパブリッククラウドのサービス群「Qlik Cloud」の提供も開始する。

 まず、Qlik Senseの技術を用いたサービスとして、ユーザーが自作したQlik Senseアプリケーションを最大5人の他ユーザーに共有できる「Qlik Sense Cloud」と、Qlik Senseのチャート機能をブログやSNSなどに組み込んで一般公開できるデータビジュアライゼーション機能「Qlik Sense Charts」を用意する。前者は小規模なチームでの共有、後者は主にジャーナリストやブロガーなど想定しているという。

 以前から提供している「Qlik Sense Desktop 無償版」と同様、誰でも手軽に分析機能を利用できるツールだとしている。

 同じくクラウドサービスの1つとして提供するのが、データライブラリサービス「Qlik DataMarket」。BIベンダーで、この種のデータライブラリを提供しているのは同社だけだとして、BIとして初の「Data-as-a-Service」と謳っている。

 「これは2014年に買収したアイスランド企業のサービスが元になったクラウドサービスで、世界各国の人口、経済、医療といった各種統計情報など、200ほどのデータプロバイダからの約10万ものデータセットを提供します。Qlik Senseから容易に利用できる形となっており、企業内のデータと組み合わせ、統合して分析できます」(Fisher氏)

 データセットは今後、要望に応じて追加していく考えで、特定産業や特定ソーシャルメディアなど、通常のデータセットにないものも対応していくほか、追加でプレミアムデータセットを提供する予定としている。

 さらに、単体の製品/サービスだけでなくOEMとして利用できる形態でも、連想技術の分析エンジンを提供する。それが「Qlik Analytics Platform」だ。オープンなAPIによりカスタム開発が可能で、オンプレミス展開もできるため、OEMパートナーやISVによる独自アプリケーション開発にも対応する。その名の通り、分析プラットフォームとして組み込める製品だ。

 「Qlik Analytics Platformでは、アナリティクス分野ではかつてなかったオープンさを実現した。これを用いることで、カスタマーやディストリビューターなどが社外に提供できるようになる。また、ウェブデベロッパーがマッシュアップの形でオープンソースのツールを組み合わせて独自の分析アプリケーションを作ることもできます」(Fisher氏)

ダッシュボード機能の画面
ダッシュボード機能の画面

幅を広げると同時に深掘りを進めていく

 1年ほど前までは「QlikViewのベンダー」だったQlikだが、今回の一連の製品/サービス投入で大きく変わった印象だ。現在のQlikの戦略について、Fisher氏は次のように語る。

 「QlikViewは連想技術により『何が起きたのか』だけでなく『なぜ起きたのか』『これから何が起きそうなのか』までカバーし、ビジネスユーザーにはアジリティ、IT部門にはストレングス、拡張性や信頼性、可用性を提供することで、アナリティクスを根本的に変える製品となりました。今では、この連想技術を主な技術基盤とし、各製品やサービスを通じて、『分析』『データ』『クラウド』でイノベーションの拡大を進めています。今後は、各分野で幅を広げると同時に、深掘りしていきます」

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]