IAサーバ 日本ヒューレット・パッカード

HP Integrity NonStop X:専用OSの無停止型サーバがx86ベースに

無停止型サーバ「HP Integrity NonStop」シリーズの「HP Integrity NonStop X」はx86系のCPU(Xeon)を搭載。超並列処理(MPP)型のアーキテクチャを採用しており、CPUやメモリをスケールアウト型に拡張できる。

 日本ヒューレット・パッカードの「HP Integrity NonStop X」は、可用性を重視した無停止型サーバ「HP Integrity NonStop」のラインアップの1つで、x86系のCPU(Xeon)を搭載したモデルである。x86搭載モデルは最新モデルに相当し、Itaniumを搭載した既存モデルと併売する。

 Integrity NonStopは、部品の多重化などで可用性を追求したミッションクリティカル用途のサーバ。汎用のPCサーバ(Xeon)やIA(Itanium)サーバを流用し、CPU間やI/O間の通信にInfiniBand FDR(Xeonの場合)や独自の通信機構「ServerNet」(Itaniumの場合)を利用する。

Integrity NonStop Xの外観
Integrity NonStop Xの外観(日本HP提供)

 超並列処理(Massively Parallel Processing:MPP)型のアーキテクチャを採用しており、CPUやメモリをスケールアウト型に拡張できる。ソフトウェアは、専用OS「HP NonStop OS」の上で、RDBMS「HP NonStop SQL」やJava実行環境「HP NonStop Java」、トランザクション処理モニター「HP NonStop TS/MP」などの各種ミドルウェアを利用する。

 すべてのハードウェアを冗長化して単一障害点をなくしていることに加えて、CPUの上で動作させるプロセスも2重化している。異なるCPU上でプライマリとバックアップの2つのプロセスを実行し、プライマリプロセスに障害が発生した場合、アプリケーションを停止することなく瞬時にバックアッププロセスが処理を引き継ぐ。

HP Integrity NonStop Xの概要
用途と機能可用性を重視した無停止型のサーバ。ミッションクリティカルな用途に向く
アーキテクチャx86(Xeon)搭載の汎用PCサーバとインターコネクト(InfiniBand FDR)を利用しつつ、独自のハードウェア機構やOSでシステムの多重化や並列処理を実現している
動作OS専用OSのHP NonStop OS
主なミドルウェアRDBMS「HP NonStop SQL」、Java実行環境「HP NonStop Java」、トランザクション処理モニター「HP NonStop TS/MP」など
税別価格OSライセンス3年分とトランザクション処理モニターのライセンス3年分を含んで6061万9900円から
発表日2015年1月27日
出荷日2015年1月27日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan