サーバ仮想化 EMCジャパン

VSPEX BLUE:管理ソフトなどをセットにしたスケールアウト型の仮想化基盤

分散ストレージソフトとサーバ仮想化環境を統合したスケールアウト型の垂直統合型システム「VMware EVO:RAIL」をベースにした「VSPEX BLUE」は、あらかじめEMCのストレージ管理ソフト群を組み合わせている。

 EMCジャパンの「VSPEX BLUE」は、分散ストレージソフトとサーバ仮想化環境を統合したスケールアウト型の垂直統合型システムの“ハイパーコンバージドシステム”の「VMware EVO:RAIL」をベースにしつつ、あらかじめEMCのストレージ管理ソフト群を組み合わせて提供するオールインワン型の製品。

 ベースとなるEVO:RAILは、サーバ仮想化ソフトのVMware vSphereと分散ストレージソフトのVirtual SANで構成する仮想化基盤構築用のサーバ。大きさは2Uラックマウント型で、1台で4ノードを構成する。サーバの増設で4台(16ノード)までコンピューティング資源とストレージ資源を拡大できる。中小企業の仮想デスクトップ基盤(VDI)環境などに向く。

 VSPEX BLUEでは、EVO:RAILの上に、EMCのソフトウェア(または仮想アプライアンス)を最初から搭載。具体的には、運用管理ソフト「VSPEX BLUE Manager」、遠隔サポート「EMCセキュアリモートサポート」(ESRS)、クラウドストレージをSAN/NASのインターフェースで利用するゲートウェイ「CloudArray」、継続的データ保護(CDP)ソフトウェア「RecoverPoint」などである。

VSPEX BLUEの外観
VSPEX BLUEの外観(EMCジャパン提供)
VSPEX BLUEの概要
用途と機能サーバ仮想化基盤を構築するためのサーバ
主な対象中小企業。VDIシステムなど
特徴スケールアウト型でコンピューティング資源とストレージ資源を拡張できる
サーバ仮想化基盤に必要な機能群をオールインワン型で提供する
構成要素EVO:RAIL(vSphere、Virtual SAN)、VSPEX BLUE Manager、EMCセキュアリモートサポート、CloudArray、RecoverPointなど
税別価格販売代理店の1社であるネットワールドの場合、220万円(メモリ128Gバイト、平日9~17時翌日オンサイト保守1年込み)~256万円(メモリ192Gバイト、24時間365日4時間オンサイト保守1年込み)
発表日2015年4月15日
出荷日2015年5月下旬

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]