SDN/ネットワーク仮想化 NEC

PF5340-48XP-6Q/PF5340-32QP:ToRとアグリゲーション用途のOpenFlowスイッチ

 NECの「PF5340-48XP-6Q」と「PF5340-32QP」は、OpenFlow準拠のネットワークスイッチ「UNIVERGE PF5000」シリーズのラインアップを構成するスイッチ製品。「UNIVERGE PF6800」などのOpenFlowコントローラと組み合わせることでOpenFlow準拠のソフトウェア定義ネットワーク(SDN)を構築できる。

 前提となるOpenFlowは、あて先と送信元のMAC/IP/ポート番号など通信の当事者と利用アプリケーションの組み合わせ一式を“フロー”と見なし、このフローごとに通信経路や通信品質を制御できるようにするプロトコル。こうしたフローの制御ポリシーの設定をコントローラからスイッチにOpenFlowを使って反映することで、スイッチはフローに基付いてパケットを処理する。

 これまでNECは、OpenFlow準拠のスイッチ製品(UNIVERGE PF5000シリーズ)を複数出荷してきた。搭載ポートなどに応じて、スイッチ間を接続するコアスイッチ用途やサーバを収容するエッジスイッチ用途、ラック内の機器を収容しつつラック間を接続するToR(トップオブラック)スイッチ用途など、各種のスイッチをラインアップしてきた。

ToRスイッチのPF5340-48XP-6Q(上)とアグリゲーションスイッチのPF5340-32QP
ToRスイッチのPF5340-48XP-6Q(上)とアグリゲーションスイッチのPF5340-32QPの外観

 新たに2つのスイッチを追加した。PF5340-48XP-6Qは、ToRスイッチ用途で、10Gビットイーサネット(GbE)を48ポートと、40GbEを6ポート備える。PF5340-32QPは、複数ラックを束ねるアグリゲーションスイッチ用途で、40GbEを32ポート備える。

 いずれのスイッチも、複数ユーザーを収容するマルチテナント構成のデータセンターに向けた機能を強化している。例えば、IEEE802.1ad準拠のQinQフレームを利用可能で、VLANフレームに別のVLANタグを付与してカプセル化する方式で最大64万個までのVLANを利用できる。また、クラウドサービスでテナントごとにユーザーが自由にVLAN IDを設定できる。

PF5340-48XP-6Q/PF5340-32QPの概要
システムの概要OpenFlowスイッチ
大きさ1Uラックマウント
モデルPF5340-48XP-6QPF5340-32QP
モデルごとの用途ToRスイッチアグリゲーションスイッチ
搭載ポート10GbE×48、40GbE×640GbE×32
価格非公開
発表日2015年6月1日
出荷日2015年6月1日

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan