OS レッドハット

Red Hat Enterprise Linux:仮想化やコンテナに対応するLinuxディストロ

企業向けLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」は、「KVM」ベースの仮想化機能が組み込まれている。コンテナに対応し、実装されたコンテナはほかの場所でも稼働できる。

Red Hat Enterprise Linuxのポイント

  • 「KVM」ベースの仮想化機能を組み込み
  • ランタイムやライブラリなどをパッケージ化したコンテナに対応
  • iSCSIやFCoEに対象にしたソフトがカーネルに実装

Red Hat Enterprise Linuxの製品解説

 レッドハットの「Red Hat Enterprise Linux」は、全世界のシステムで採用されている企業向けのLinuxディストリビューション。ネットワークのファイアウォール制御からアプリケーション分離用のセキュアなコンテナに至るまで、侵入防御とデータ保護のための軍事レベルのセキュリティ技術を採用している。

編集部おすすめの関連記事

 標準のファイルシステムはXFSで最大500Tバイトをサポートする。以前のExt4(最大50Tバイトをサポート)やBtrfsにも対応。CIFSにもサポートする。ストレージではiSCSIとFibre Channel over Ethernet(FCoE)を対象にしたソフトウェアがカーネルに実装されている。

 「KVM」ベースの仮想化機能が組み込まれている。仮想マシンのホストとして実行できるとともに、「Red Hat Enterprise Virtualization」「VMware vSphere」「Microsoft Hyper-V」などサポートするハイパーバイザのゲストとしても実行できる。

 Linuxコンテナを使用すれば、アプリケーションと必要なコンポーネントをパッケージ化し、容易かつ迅速にアプリケーションを実装、提供できる。ランタイムやライブラリなども搭載していることから、コンテナホスト「Red Hat Enterprise Linux Atomic Host」やコンテナ基盤「Red Hat OpenShift」などを選ばずにコンテナのアプリケーションを稼働させられる。

Red Hat Enterprise Linuxのまとめ
用途と機能法人向けのサーバOS
特徴KVMベースの仮想化機能が組み込まれている。Linuxコンテナを使用すれば、アプリケーションと必要なコンポーネントをパッケージ化し、容易かつ迅速にアプリケーションを実装、提供できる
税別価格RHEL Server, Standardが10万8700円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]