OS レッドハット

Red Hat Enterprise Linux:仮想化やコンテナに対応するLinuxディストロ

企業向けLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」は、「KVM」ベースの仮想化機能が組み込まれている。コンテナに対応し、実装されたコンテナはほかの場所でも稼働できる。

Red Hat Enterprise Linuxのポイント

  • 「KVM」ベースの仮想化機能を組み込み
  • ランタイムやライブラリなどをパッケージ化したコンテナに対応
  • iSCSIやFCoEに対象にしたソフトがカーネルに実装

Red Hat Enterprise Linuxの製品解説

 レッドハットの「Red Hat Enterprise Linux」は、全世界のシステムで採用されている企業向けのLinuxディストリビューション。ネットワークのファイアウォール制御からアプリケーション分離用のセキュアなコンテナに至るまで、侵入防御とデータ保護のための軍事レベルのセキュリティ技術を採用している。

編集部おすすめの関連記事

 標準のファイルシステムはXFSで最大500Tバイトをサポートする。以前のExt4(最大50Tバイトをサポート)やBtrfsにも対応。CIFSにもサポートする。ストレージではiSCSIとFibre Channel over Ethernet(FCoE)を対象にしたソフトウェアがカーネルに実装されている。

 「KVM」ベースの仮想化機能が組み込まれている。仮想マシンのホストとして実行できるとともに、「Red Hat Enterprise Virtualization」「VMware vSphere」「Microsoft Hyper-V」などサポートするハイパーバイザのゲストとしても実行できる。

 Linuxコンテナを使用すれば、アプリケーションと必要なコンポーネントをパッケージ化し、容易かつ迅速にアプリケーションを実装、提供できる。ランタイムやライブラリなども搭載していることから、コンテナホスト「Red Hat Enterprise Linux Atomic Host」やコンテナ基盤「Red Hat OpenShift」などを選ばずにコンテナのアプリケーションを稼働させられる。

Red Hat Enterprise Linuxのまとめ
用途と機能法人向けのサーバOS
特徴KVMベースの仮想化機能が組み込まれている。Linuxコンテナを使用すれば、アプリケーションと必要なコンポーネントをパッケージ化し、容易かつ迅速にアプリケーションを実装、提供できる
税別価格RHEL Server, Standardが10万8700円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]