コンテナ

Project Lightwave:コンテナ技術の基盤機能を提供するVMwareのOSS

ヴイエムウェアの「Project Lightwave」は、コンテナ型仮想化の基盤機能を提供するオープン・ソース・ソフトウェアである。「コンテナ」とは仮想化技術の一種。

 ヴイエムウェアの「Project Lightwave」は、コンテナ型仮想化の基盤機能を提供するオープンソースソフトウェアである。「コンテナ」とは仮想化技術の一種。同社のサーバ仮想化基盤「VMWare vSphere」のように仮想マシン上でゲストOSを稼働させる形態ではなく、OSのカーネル上にあるユーザー空間を複数に区切って、それぞれのユーザープロセス(アプリケーション)から見えるリソースを制限する形態である。複数のユーザープロセスをまとめて閉じ込めたユーザー空間が「コンテナ」と呼ばれる。仮想マシンを稼働させないため、オーバーヘッドが小さいことと、仮想マシンの起動やシャットダウンなどの手間や時間が不要であることが大きな特徴。


Project Lightwaveのウェブサイト

 Lightwaveは、コンテナで稼働するアプリケーションのアイデンティティ管理(認証および権限管理)の機能を備え、シングルサインオン環境を提供する。Kerberos、LDAP v3、SAML、X.509、OAuth2.0といったプロトコルの認証サービスに対応する。

 「Project Photon」は、Lightwaveのコンテナに対応する軽量のLinuxディストリビューション(オープンソースソフトウェア)である。「VMware vSphere」と「VMware vCloud Air」環境向けに最適化されており、これを利用してコンテナと仮想マシンの両方を単一のプラットフォーム上でネイティブに動かすことができる。コンテナが仮想マシン内で動く際はコンテナ隔離を利用できる。

Project LightwaveとProject Photonの概要
用途と機能 コンテナ型仮想化技術を提供するオープン・ソース・ソフトウェア
特徴 Project Lightwaveは、コンテナで稼働するアプリケーションの認証・権限管理の機能を提供。同Photonは、Lightwaveのコンテナに対応する軽量のLinuxディストリビューション
価格(税別) 無償(オープン・ソース・ソフトウェア)
導入企業(ユーザー)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]