コンテナ

Project Lightwave:コンテナ技術の基盤機能を提供するVMwareのOSS

ヴイエムウェアの「Project Lightwave」は、コンテナ型仮想化の基盤機能を提供するオープン・ソース・ソフトウェアである。「コンテナ」とは仮想化技術の一種。

 ヴイエムウェアの「Project Lightwave」は、コンテナ型仮想化の基盤機能を提供するオープンソースソフトウェアである。「コンテナ」とは仮想化技術の一種。同社のサーバ仮想化基盤「VMWare vSphere」のように仮想マシン上でゲストOSを稼働させる形態ではなく、OSのカーネル上にあるユーザー空間を複数に区切って、それぞれのユーザープロセス(アプリケーション)から見えるリソースを制限する形態である。複数のユーザープロセスをまとめて閉じ込めたユーザー空間が「コンテナ」と呼ばれる。仮想マシンを稼働させないため、オーバーヘッドが小さいことと、仮想マシンの起動やシャットダウンなどの手間や時間が不要であることが大きな特徴。


Project Lightwaveのウェブサイト

 Lightwaveは、コンテナで稼働するアプリケーションのアイデンティティ管理(認証および権限管理)の機能を備え、シングルサインオン環境を提供する。Kerberos、LDAP v3、SAML、X.509、OAuth2.0といったプロトコルの認証サービスに対応する。

 「Project Photon」は、Lightwaveのコンテナに対応する軽量のLinuxディストリビューション(オープンソースソフトウェア)である。「VMware vSphere」と「VMware vCloud Air」環境向けに最適化されており、これを利用してコンテナと仮想マシンの両方を単一のプラットフォーム上でネイティブに動かすことができる。コンテナが仮想マシン内で動く際はコンテナ隔離を利用できる。

Project LightwaveとProject Photonの概要
用途と機能 コンテナ型仮想化技術を提供するオープン・ソース・ソフトウェア
特徴 Project Lightwaveは、コンテナで稼働するアプリケーションの認証・権限管理の機能を提供。同Photonは、Lightwaveのコンテナに対応する軽量のLinuxディストリビューション
価格(税別) 無償(オープン・ソース・ソフトウェア)
導入企業(ユーザー)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan