PaaS レッドハット

OpenShift Enterprise:プライベートPaaSでの利用を狙ったレッドハットの基盤ソフトウェア群

レッドハットの「OpenShift Enterprise」は、PaaSを構築するための基盤ソフトウェア群である。同社のLinuxディストリビューション「Rad Hat Linux Enterprise(RHEL)」に、PaaSで必要なソフトウェアを統合する。

 レッドハットの「OpenShift Enterprise」は、PaaSを構築するための基盤ソフトウェア群である。同社のLinuxディストリビューション「Rad Hat Linux Enterprise(RHEL)」に、PaaSで必要なソフトウェアを統合する。

 同社では、オンプレミス環境にPaaSを構築する「プライベートPaaS」での利用を提唱している。IT組織がセルフサービスでアプリケーションを開発構築できるともに、ユーザーへのデプロイも容易なことがプライベートPaaSのメリットである。


OpenShift Enterprise 3の構成(レッドハット提供)

 最新版の「OpenShift Enterprise 3」は、米Docker社(旧dotCloud)が開発するオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」に対応したことが大きな特徴。コンテナとは、ウェブサーバなどのアプリケーション実行環境を抽象化する技術である。

 OpenShift Enterprise 3は、最新版のサーバOSである「RHEL 7」に、Linuxコンテナである「Docker」、Googleが中心となって開発を進める、コンテナを管理するためのツール「Kubernetes」を統合した。このほか、アプリケーションサーバ「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」によるアプリケシーョンコンテナサービス、ウェブサーバ「Red Hat JBoss Web Server(Tomcat)」「Red Hat JBoss A-MQ」によるメッセージングサービスを含む「Red Hat JBoss Middleware」ボートフォリオのエンタープライズミドルウェアサービスも含まれる。

 コンテナベースのアプリケーション上にウェブコンソールやコマンドラインツール、統合開発環境(IDE)インターフェースなど開発者がアプリケーションプロジェクトの作成と協業を行うための広範なツールを提供。このため、アプリケーションサービスの開発とデプロイ、実行のための環境を統合できる。

OpenShift Enterpriseの概要
用途と機能 PaaS構築向けの基盤ソフトウェア群
特徴 Docker形式のコンテナアプリケーションの開発から実行までの環境を統合した
価格(税別) 63万9600円/年~
導入企業(ユーザー) 米FISCO(Fair Isaac Corporation)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan