PaaS コンテナ レッドハット

OpenShift Container Platform:Kubernetesも統合のコンテナ対応PaaSソフト

PaaSソフトウェア「Red Hat OpenShift Container Platform」は、コンテナソフト「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」などを統合。コンテナでのアプリケーションの開発、実装、管理をシームレスに進められる。

Red Hat OpenShift Container Platformのポイント

  • 「Docker」と「Kubernetes」などを統合
  • アプリケーションの開発や実装などをセルフサービスで実行
  • マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離

Red Hat OpenShift Container Platformの製品解説

 レッドハットの「Red Hat OpenShift Container Platform」(旧Red Hat OpenShift Enterprise)は、コンテナに対応するPaaSソフトウェア。コンテナソフトウェア「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」などを統合した、コンテナ型アプリケーションの基盤となる。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションのアーキテクチャに関係なく、プライベートクラウドとパブリッククラウドにあるコンテナでのアプリケーションの開発、実装、管理をシームレスに進められる。アプリケーション開発チームとIT運用チームがアプリケーションの迅速な開発や新規サービスを提供できるよう支援する。

 アプリケーション開発チーム向けには、アプリケーション実行環境のプロビジョニング、アプリケーションの開発と実装をセルフサービスで実行できる最適なプラットフォームを提供。アプリケーションのソースコードと実行環境を組み合わせた「Docker Image」を作成する「Source to Image(STI)」プロセスなど自動化されたワークフローでバージョンコントロールシステムで管理されたソースコードからDockerのコンテナイメージを作成、実行できる。

 IT運用チーム向けには、ポリシーに基づく管理と自動化によって、セキュアなエンタープライズクラスのアプリケーション基盤として活用できる。Kubernetesを活用したコンテナのクラスタ管理、スケジューリング、オーケストレーションで負荷分散や自動スケーリングの機能を提供する。

 セキュリティでは、マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離して、コンテナ内のプロセスからホストOSへの不正なアクセスを抑止する機能を提供する。コンテナから永続ストレージを利用することで、サーバとクライアントがセッション状態を保持する“ステートフル”、サーバとクライアントがセッション状態を保持しない“ステートレス”、両方のアプリケーションを実行できる。

 Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」をサポートしている環境で稼働する。プライベートクラウドに加えて、パブリッククラウドのAmazon Web Services(AWS)やMicrsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)などでRHELが稼働していれば、活用できる。

 AWSやGCPでRed Hatが運営する「Red Hat OpenShift Dedicated」、Red Hatが自ら運営するパブリックPaaS「Red Hat OpenShift Online」でも同様の機能が利用できる。

Red Hat OpenShift Container Platformのまとめ
用途と機能コンテナに対応するPaaSソフトウェア
特徴DockerとKubernetesなどを統合。プライベートクラウドとパブリッククラウドのコンテナにアプリケーションを開発、実装、管理をシームレスに進められる。マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  4. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  5. サービスビジネスへのシフトを失敗させないために押さえるべき「3つの課題」の解決策とは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]