PaaS コンテナ レッドハット

OpenShift Container Platform:Kubernetesも統合のコンテナ対応PaaSソフト

PaaSソフトウェア「Red Hat OpenShift Container Platform」は、コンテナソフト「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」などを統合。コンテナでのアプリケーションの開発、実装、管理をシームレスに進められる。

Red Hat OpenShift Container Platformのポイント

  • 「Docker」と「Kubernetes」などを統合
  • アプリケーションの開発や実装などをセルフサービスで実行
  • マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離

Red Hat OpenShift Container Platformの製品解説

 レッドハットの「Red Hat OpenShift Container Platform」(旧Red Hat OpenShift Enterprise)は、コンテナに対応するPaaSソフトウェア。コンテナソフトウェア「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」などを統合した、コンテナ型アプリケーションの基盤となる。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションのアーキテクチャに関係なく、プライベートクラウドとパブリッククラウドにあるコンテナでのアプリケーションの開発、実装、管理をシームレスに進められる。アプリケーション開発チームとIT運用チームがアプリケーションの迅速な開発や新規サービスを提供できるよう支援する。

 アプリケーション開発チーム向けには、アプリケーション実行環境のプロビジョニング、アプリケーションの開発と実装をセルフサービスで実行できる最適なプラットフォームを提供。アプリケーションのソースコードと実行環境を組み合わせた「Docker Image」を作成する「Source to Image(STI)」プロセスなど自動化されたワークフローでバージョンコントロールシステムで管理されたソースコードからDockerのコンテナイメージを作成、実行できる。

 IT運用チーム向けには、ポリシーに基づく管理と自動化によって、セキュアなエンタープライズクラスのアプリケーション基盤として活用できる。Kubernetesを活用したコンテナのクラスタ管理、スケジューリング、オーケストレーションで負荷分散や自動スケーリングの機能を提供する。

 セキュリティでは、マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離して、コンテナ内のプロセスからホストOSへの不正なアクセスを抑止する機能を提供する。コンテナから永続ストレージを利用することで、サーバとクライアントがセッション状態を保持する“ステートフル”、サーバとクライアントがセッション状態を保持しない“ステートレス”、両方のアプリケーションを実行できる。

 Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」をサポートしている環境で稼働する。プライベートクラウドに加えて、パブリッククラウドのAmazon Web Services(AWS)やMicrsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)などでRHELが稼働していれば、活用できる。

 AWSやGCPでRed Hatが運営する「Red Hat OpenShift Dedicated」、Red Hatが自ら運営するパブリックPaaS「Red Hat OpenShift Online」でも同様の機能が利用できる。

Red Hat OpenShift Container Platformのまとめ
用途と機能コンテナに対応するPaaSソフトウェア
特徴DockerとKubernetesなどを統合。プライベートクラウドとパブリッククラウドのコンテナにアプリケーションを開発、実装、管理をシームレスに進められる。マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]