PaaS コンテナ レッドハット

OpenShift Container Platform:Kubernetesも統合のコンテナ対応PaaSソフト

PaaSソフトウェア「Red Hat OpenShift Container Platform」は、コンテナソフト「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」などを統合。コンテナでのアプリケーションの開発、実装、管理をシームレスに進められる。

Red Hat OpenShift Container Platformのポイント

  • 「Docker」と「Kubernetes」などを統合
  • アプリケーションの開発や実装などをセルフサービスで実行
  • マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離

Red Hat OpenShift Container Platformの製品解説

 レッドハットの「Red Hat OpenShift Container Platform」(旧Red Hat OpenShift Enterprise)は、コンテナに対応するPaaSソフトウェア。コンテナソフトウェア「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」などを統合した、コンテナ型アプリケーションの基盤となる。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションのアーキテクチャに関係なく、プライベートクラウドとパブリッククラウドにあるコンテナでのアプリケーションの開発、実装、管理をシームレスに進められる。アプリケーション開発チームとIT運用チームがアプリケーションの迅速な開発や新規サービスを提供できるよう支援する。

 アプリケーション開発チーム向けには、アプリケーション実行環境のプロビジョニング、アプリケーションの開発と実装をセルフサービスで実行できる最適なプラットフォームを提供。アプリケーションのソースコードと実行環境を組み合わせた「Docker Image」を作成する「Source to Image(STI)」プロセスなど自動化されたワークフローでバージョンコントロールシステムで管理されたソースコードからDockerのコンテナイメージを作成、実行できる。

 IT運用チーム向けには、ポリシーに基づく管理と自動化によって、セキュアなエンタープライズクラスのアプリケーション基盤として活用できる。Kubernetesを活用したコンテナのクラスタ管理、スケジューリング、オーケストレーションで負荷分散や自動スケーリングの機能を提供する。

 セキュリティでは、マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離して、コンテナ内のプロセスからホストOSへの不正なアクセスを抑止する機能を提供する。コンテナから永続ストレージを利用することで、サーバとクライアントがセッション状態を保持する“ステートフル”、サーバとクライアントがセッション状態を保持しない“ステートレス”、両方のアプリケーションを実行できる。

 Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」をサポートしている環境で稼働する。プライベートクラウドに加えて、パブリッククラウドのAmazon Web Services(AWS)やMicrsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)などでRHELが稼働していれば、活用できる。

 AWSやGCPでRed Hatが運営する「Red Hat OpenShift Dedicated」、Red Hatが自ら運営するパブリックPaaS「Red Hat OpenShift Online」でも同様の機能が利用できる。

Red Hat OpenShift Container Platformのまとめ
用途と機能コンテナに対応するPaaSソフトウェア
特徴DockerとKubernetesなどを統合。プライベートクラウドとパブリッククラウドのコンテナにアプリケーションを開発、実装、管理をシームレスに進められる。マルチテナントでの利用を想定したコンテナ間のネットワークを分離

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]