MDM 日本マイクロソフト

Enterprise Mobility Suite:モバイル運用管理を支援するマイクロソフトのクラウドサービス

ユーザーIDとアクセスの管理機能「Azure Active Directory(Azure AD)プレミアム」、モバイルデバイスとパソコンの管理機能「Microsoft Intune」、データの保護機能「Azure Rights Management Services(Azure RMS)」などで構成する。

 Enterprise Mobility Suiteは、企業や組織のモバイルコンピューティングの運用管理を支援するマイクロソフトのクラウドサービス。ユーザーIDとアクセスの管理機能「Azure Active Directory(Azure AD)プレミアム」、モバイルデバイスとパソコンの管理機能「Microsoft Intune」、データの保護機能「Azure Rights Management Services(Azure RMS)」などで構成する。

 Azure ADプレミアムは、既存のオンプレミス環境と同期して、クラウドから信頼性の高いIDおよびアクセス管理を実現する。ユーザーによるクラウドベースのセルフサービス・パスワードリセット、グループ管理、1300を超えるSaaS(Software as a Service)アプリケーションに対応するグループベースのプロビジョニングおよびアクセス管理が可能になる。

Enterprise Mobility Suiteの構成
Enterprise Mobility Suiteの構成

 Microsoft Intuneでは、iOS、Android、Windowsなど様々な種類のモバイルデバイスに対して、ポリシーの構成や展開、ハードウェアのインベントリなどを管理できる。デバイス紛失やユーザーの退職時には、リモートでデータ消去を行える。

 Azure RMSは、Azure ADプレミアムと併せて利用することで、既存のオンプレミス・インフラストラクチャを使用してクラウドまたはハイブリッドモデルで情報を保護できる。ソフトウェア開発キット(SDK)を使用して、ネイティブアプリケーションにデータ保護機能を統合することも可能である。

 ユーザーはAzure ADプレミアム、Microsoft Intune、Azure RMSを個別に購入することもできるが、スイートとして購入することで割安に購入できる。Enterprise Mobility Suiteは、マイクロソフトのエンタープライズボリュームライセンスプログラムを通じて提供する。

Enterprise Mobility Suiteの概要
用途と機能企業のモバイル・コンピューティング運用管理を支援するマイクロソフトのクラウド・ソリューション
特徴ユーザーIDおよびアクセスの管理機能、モバイルデバイスおよびパソコンの管理機能、データの保護機能などを提供する。
価格(税別)830円/ユーザー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan