グループウェア メール 日本マイクロソフト

Exchange Server 2016:文書の共同作業が簡単になったグループウェア/メール

メール/グループウェアサーバ向けソフトウェア「Exchange Server 2016」はPCだけでなくモバイルやウェブでの使用にも最適化。ドキュメントの共同作業が簡単になるなどメール関連機能が改善されている。

Exchange Server 2016のポイント

  • ブラウザからメールボックスにアクセス、UIはモバイルでも最適化
  • ドキュメントの共同作業も以前より簡単に
  • 80のDLPポリシーなどを採用、eディスカバリも支援

Exchange Server 2016の製品解説

 日本マイクロソフトの「Exchange Server 2016」は、メール/グループウェアサーバ向けソフトウェア。前版のExchange Server 2013に比べて、パフォーマンスや信頼性を向上。例えば、フェールオーバーを33%高速化したほか、データベース整合性検出機能を実装して破損するおそれのあるデータを事前に検出できる

編集部おすすめの関連記事

 ウェブブラウザからExchange ServerのメールボックスにアクセスできるOutlook Web Appは「Outlook on the web」に名前を変更。併せて、ユーザーインターフェースを更新し、PCに加えて、タブレットやスマートフォンに最適化した。

 Outlook on the webでは一括処理、ピン留め、操作の取り消し、インライン返信、会議出席依頼に対して別日程を提案する機能などを追加。ファイルをメッセージに添付する代わりに、オンプレミスのSharePoint Serverに格納されているドキュメントにリンクしたり、ドキュメントを共有したりできる。

 クラウド前提のアーキテクチャをベースにすることでメールボックスとクライアントからのアクセスが一体化された。添付ファイル機能も一新され、ドキュメントの共同作業も以前より簡単になっている。

 メール検索機能では、Office 365の検索アーキテクチャとユーザーインターフェースを採用。新しい検索ユーザーインターフェースを使用して、対象となるメールを直観的な操作で高速に検索できる。

 ほかに、メッセージポリシーとコンプライアンスを更新。アーカイブのサイズを自動的に増加させる機能や、80のさまざまな種類の機密情報を識別、監視、保護できるデータ消失保護(DLP)ポリシーなどを採用する。電子情報開示(eディスカバリ)支援やオンプレミスとクラウドのハイブリッド機能も拡張する。

Exchange Serverのまとめ
用途と機能メール/グループウェアサーバ向けソフトウェア
特徴PCだけでなくモバイルやウェブでの使用にも最適化。添付ファイル機能も一新され、ドキュメントの共同作業も以前より簡単に。80のDLPポリシーなどを採用

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]