BI 日本マイクロソフト

Power BI:組織全体に洞察を届けるビジネス分析ツール

SaaS型BIツール「Power BI」は、多様なデータソースに接続し、データ作成を単純化し、アドホックな分析にも対応。分かりやすいレポートを生成して、ウェブやモバイル端末に対応した表示も可能。

Power BIのポイント

  • オンプレミスやパブリッククラウドのデータソースに対応
  • デスクトップアプリケーションで対話型でデータを視覚化
  • REST APIで既存のアプリケーションと統合することも可能

Power BIの製品解説

 日本マイクロソフトの「Power BI」は、SaaS型で利用できるビジネスインテリジェンス(BI)ツール。Office 365のサブスクリプションとして提供していたサービス「Power BI for Office 365」の後継版になる。

編集部おすすめの関連記事

 オンプレミスにあるExcelのワークシートやデータベース、ストリーミングのデータ、パブリッククラウドのMicrosoft DynamicsやSalesforce、Google Analyticsなどのデータソースに接続して、ダッシュボードやレポートを作成する。ビジネスの状況を示す単一のビューを利用することで、関係者の間で混乱することなく単一の事実に基づいて意思決定できるようにする。

 Power BIと併せて使う無料のデスクトップアプリケーション「Power BI Desktop」やiOSやAndroidなどの端末から利用できるモバイルアプリ「Power BI Mobile」アプリ(同)を用意する。Power BI Desktopを使用すると、オンプレミスのExcelやSQL Server、Accessのほか、OracleやIBMなど他社製データベースからデータを取り込める。REST APIを使って、既存のアプリケーションやサービスをPower BIと統合することも可能である。

 Power BIのダッシュボードでは、ビジネスに関する情報をタイルで表示する。各タイルは、Power BIで作成するデータセットから生成したレポートにひもづけられており、タイルをクリックするとレポートに移動する。

 有償版は「Power BI Pro」と「Power BI Premium」が用意されている。

Power BIのまとめ
用途と機能SaaS型で利用できるBIツール
特徴オンプレミスやパブリッククラウドのデータソースに対応。アナリスト向けとビジネスユーザー向けに機能を用意
税別価格Proは1ユーザーあたり月額1090円。Premiumはノード単位で月額料金で利用できる。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]