SDN/ネットワーク仮想化 VMware

VMware NSX:ネットワーク仮想化プラットフォーム

ヴイエムウェアの「VMware NSX」は、ネットワークの仮想化ソフトウェアである。ネットワーク機器(スイッチ、ルータ、ファイアウォール、ロードバランサなど)を抽象化し、物理ハードウェアとリソースを分離することが特徴。

 ヴイエムウェアの「VMware NSX」は、ネットワークの仮想化ソフトウェアである。スイッチ、ルータ、ファイアウォール、ロードバランサなどのネットワーク機器を抽象化し、物理ハードウェアとリソースを分離する。仮想サーバと同様の運用モデルで、ネットワークも仮想化して運用できるようになる。サーバやネットワークを含めたデータセンター全体をソフトウェアで運用する「SDDC(Software-Defined Data Center)」での利用を想定している。

 NSXは、ネットワークモデル全体をソフトウェアで再現。仮想ネットワーク上では、基盤となるハードウェアに依存せずにプログラムによってプロビジョニング(ユーザーの需要に応じてリソースを変更すること)と管理を行える。単純なネットワークから複雑なマルチティアネットワークに至るまで、あらゆるネットワーク・トポロジの作成とプロビジョニングを数秒で実行できる。


VMware NSXの構成(VMware 提供)

 NSXが提供する「RESTful API」によって、クラウド管理プラットフォームでのネットワークサービスの提供を自動化することが可能。ネットワーサービスは仮想ネットワークによって提供されるため、物理ネットワーク機器を手動で再構成する必要はない。

 同社が提供するサーバ仮想化基盤「VMware vSphereR」環境に展開すると、vSphereに加えて、「VMware vCloud Director」および「VMware vCloud Automation Center」と完全に連携させることができる。

 管理者向けに、仮想化したネットワーク機器の設定を構成・保持するための「NSX Controller」、操作環境の「NSX Manager」といったコンポーネントを提供する。

VMware NSXの概要
用途と機能 ネットワークの仮想化ソフトウェア
特徴 ネットワーク全体をソフトウェアで仮想化する。ネットワークのトポロジやネットワーク機器を抽象化して物理的なリソースと分離する。データセンターでの利用を想定
価格(税別) VMware認定リセラーへの問い合わせ先URL
http://www.vmware.com/go/jp_partner
導入企業(ユーザー) 新明和工業

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan