SDN/ネットワーク仮想化 VMware

VMware NSX:マイクロセグメントを構築できるネットワーク仮想化基盤

ネットワーク仮想化基盤「VMware NSX」は、基盤となる物理ハードウェアからネットワーク全体を抽象化してソフトウェアで実行。ネットワーク内を細かく区切り、ワークロードとともにセキュリティポリシーが移動する。

NSXのポイント

  • セキュリティをハイパーバイザに直接組み込む
  • 個々のワークロードにマイクロセグメンテーション
  • アプリケーションとデータを任意の場所に配置

NSXの製品解説

 ヴイエムウェアの「VMware NSX」は、ネットワーク仮想化とセキュリティ環境を提供するプラットフォームだ。物理ハードウェアからネットワーク全体を抽象化することでソフトウェアを実行してハイパーバイザレイヤに組み込める。

編集部おすすめの関連記事

 セキュリティ機能をハイパーバイザに直接組み込めるので、個々のワークロードにマイクロセグメンテーションと詳細なセキュリティを提供する。ネットワークトポロジ内でのワークロードの位置に関係なく、ワークロードとともにセキュリティポリシーが移動する。

 基盤となるハードウェアからネットワークを切り離して抽象化し、ネットワークとセキュリティのポリシーを関連するワークロードに適用する。アプリケーションとデータは任意の場所に配置でき、どこからでもアクセス可能。ワークロードをデータセンター間で移動したり、ハイブリッドクラウド環境に移動したりできる。

 ポリシーベースのアプローチでワークロードに結び付けられているネットワークとセキュリティサービスで物理ネットワークをトランスポートキャパシティのプールとして扱える。ネットワーク運用が自動化され、ハードウェアベースのネットワークに関連するボトルネックが解消される。

 仮想化ネットワークでワークロードのマイクロセグメンテーションときめ細かいセキュリティが可能になる。クレジットカード情報のセキュリティ基準であるPCI DSSや米国での医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律であるHIPAAなどのセキュリティ要件に準拠するよう、コンプライアンス業務をサポートする。

NSXの構成(出典:ヴイエムウェア)
NSXの構成(出典:ヴイエムウェア)
NSXのまとめ
用途と機能ネットワーク仮想化と高いセキュリティ環境を両立するプラットフォームを提供
特徴ネットワーク全体をソフトウェアで仮想化する。ネットワークのトポロジやネットワーク機器を抽象化して物理的なリソースと分離
導入事例ニューメキシコ大学、ANZ Bank、Amdocsなど

「SDN/ネットワーク仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]