サーバ仮想化

XenServer:Citrixのサーバ仮想化基盤ソフトウェア

 シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix XenServer」は、サーバ仮想化基盤ソフトウェア。複数台のx86サーバの仮想マシンをサーバ上で稼働させ、サービスを提供する。

 x86サーバ環境に対してWindows やLinuxの仮想マシンを構築し、あらゆるリソースを一元的に管理・運用する機能を提供する。オープン・ソース・ソフトウェアの「XenServer」や「Xen ハイパーバイザー」をベースに開発している。


Citrix XenServerの概要

 各仮想マシンには仮想ハードウェアがあり、インストールされているゲストOSやそのアプリケーションからは物理ハードウェアとして認識される。仮想マシンには少なくとも1個の仮想CPUがあり、最大128個の仮想CPUを構成できる。

 複数のXenServer上の仮想マシンの管理を簡素化する統合管理コンソール「Citrix XenCenter」を提供。ユーザーのロールベース管理が可能なためセキュリティの強化に向く。また、OVF(Open Virtualization Format)形式、VMDK(VMwareの仮想ディスク)形式、VHDなどからXenServerのディスク形式に変換することも可能。

 最新版の「CitrixR XenServer 6.5」では、64ビットアーキテクチャの完全なサポートによる性能やスケーラビリティの向上、ワークロードのジオタギング、インテルの「Trusted Execution Technology」(Intel TXT)、読み込みキャッシング、NVIDIAのGRID GPU仮想化サポートなどの機能を強化した。最新版では、基本的な商用仮想化プラットフォームであるStandard Editionと、データセンターおよびクラウド環境でのワークロードに対応した総合的なサーバー仮想化プラットフォームであるEnterprise Editionの2つのエディションで提供する。

Citrix XenServerの概要
用途と機能 x86サーバ用のサーバ仮想化基盤ソフトウェア
特徴 1台の物理マシン上で複数台のx86サーバの仮想マシンをサーバ上で稼働させる
価格(税別) Standard Edition:11万2500円~(1ソケット当たり)、Enterprise Edition:22万5000円(同)
導入企業(ユーザー)

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan