PaaS AWS

AWS Lambda:サーバの管理が不要なイベント駆動型コード実行サービス

イベント駆動型コード実行サービス「AWS Lambda」は、サーバに煩わされずにコードが実行できるだけでなく、実際にコンピューティングに掛かった時間に対する料金のみで利用できる。

AWS Lambdaのポイント

  • 記述されたコードに基づいて自動的に処理
  • コードが実行される100ミリ秒単位、トリガーされた回数で課金
  • サーバのプロビジョニングや管理が不要

AWS Lambdaの製品解説

 アマゾンウェブサービスの「AWS Lambda」は、IaaS/PaaS「Amazon Web Services」で何らかのイベントが発生したときに自動的にコードを実行するサービス。イベント駆動型コード実行サービスと呼ばれるが、サーバのプロビジョニングや管理の必要がなく、サーバの存在を意識しなくていいことから“サーバレス”アーキテクチャとも呼ばれる。

編集部おすすめの関連記事

 例えば、画像アップロードやアプリケーション内のアクティビティ、ウェブサイトでのクリック、接続されたデバイスからの出力などのイベントがあった際に、ユーザーが記述したコードを実行する。

 毎回のトリガーに対応してコードを実行することで自動的にアプリケーションがスケールする。コードは並行して実行され、トリガーごとに個別に処理され、ワークロードのサイズにあわせてスケールされる。

 コードは「Lambda関数」で記述する。関数はユーザーが作成可能で、作成済みのものはスプレッドシートの数式と同じように利用できる。各関数はコードと関数名やリソース要件などの関連情報で構成する。

 実質どのようなタイプのアプリケーションやバックエンドサービスでも管理を必要とせずに実行でき、コードをアップロードすれば、高可用性を実現しつつコードを実行される。コードは、他のAWSサービスから自動的にトリガーする設定のほか、ウェブやモバイルアプリケーションから直接呼び出すように設計することも可能だ。

 料金はコードが実行される100ms単位、コードがトリガーされた回数に対して課金され、コードが実行されていないときは発生しない仕組みとなっている。

AWS Lambdaのまとめ
用途と機能イベント駆動型コード実行サービス
特徴毎回のトリガーに対応してコードを実行することで自動的にアプリケーションがスケール。他のAWSサービスから自動的にトリガーする設定のほか、ウェブやモバイルアプリケーションから直接呼び出すように設計することも可能。コードが実行される100ms単位、コードがトリガーされた回数に対して課金

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]