プロジェクト管理 日本マイクロソフト

Microsoft Project GigJam:共同作業を支援するクラウドサービスとアプリ

複数のユーザーがさまざまな端末で共同作業をするのを支援するMicrosoftのサービスとアプリケーションで構成する製品のこと。

 Project GigJamは、複数のユーザーがさまざまな端末で共同作業をするのを支援するMicrosoftのサービスとアプリケーションで構成する製品。Microsoft Azureの新しいサービスと、PCやモバイル端末向けに用意したクライアントアプリケーションで構成する。同社のカンファレンス「Worldwide Partner Conference 2015」で2015年7月13日(米国時間)に披露。数カ月内にプレビュー公開するとしている。

 Project GigJamでは、タスクを「ギグ(gig)」と呼ぶ単位で管理する。ギグのオーナーは、ブランクのキャンバスに、電子メールやCRM(顧客関係管理)といったアプリケーションを追加。顧客名などのフィールドを使って、アプリケーション間を関連付ける。

Project GigJamの画面
Project GigJamの画面

 ギグのオーナーは続いて、ギグ内で共有したい情報やメンバーを選択する。メンバーは、タスクのシナリオに特化した「マイクロアプリケーション(micro-application)」にアクセスしてデータを参照したり、更新したりして、他のメンバーと情報を共有。必要に応じてアプリケーションを追加したり、映像や音声によるリアルタイム会話をして、タスクを遂行する。

 Project GigJamでは、REST APIを使用して、基幹業務アプリケーションやSaaS(Software as a Service)サービスと連携する。それぞれのアプリケーションのプレゼンテーションレイヤーをラッピングして表示するので、使用するアプリケーション自身には手を加える必要がない。

Project GigJamの概要
用途と機能複数のユーザーが様々な端末で共同作業をするのを支援するサービスとそれに関連するアプリケーション群
特徴タスクを「ギグ」と呼ぶ単位で管理。ギグ内で複数のアプリケーションを関連付けて、メンバー間でデータを共有することで、タスクを円滑に遂行する。
発表日2015年7月13日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]