プロジェクト管理 日本マイクロソフト

Microsoft Project GigJam:共同作業を支援するクラウドサービスとアプリ

複数のユーザーがさまざまな端末で共同作業をするのを支援するMicrosoftのサービスとアプリケーションで構成する製品のこと。

 Project GigJamは、複数のユーザーがさまざまな端末で共同作業をするのを支援するMicrosoftのサービスとアプリケーションで構成する製品。Microsoft Azureの新しいサービスと、PCやモバイル端末向けに用意したクライアントアプリケーションで構成する。同社のカンファレンス「Worldwide Partner Conference 2015」で2015年7月13日(米国時間)に披露。数カ月内にプレビュー公開するとしている。

 Project GigJamでは、タスクを「ギグ(gig)」と呼ぶ単位で管理する。ギグのオーナーは、ブランクのキャンバスに、電子メールやCRM(顧客関係管理)といったアプリケーションを追加。顧客名などのフィールドを使って、アプリケーション間を関連付ける。

Project GigJamの画面
Project GigJamの画面

 ギグのオーナーは続いて、ギグ内で共有したい情報やメンバーを選択する。メンバーは、タスクのシナリオに特化した「マイクロアプリケーション(micro-application)」にアクセスしてデータを参照したり、更新したりして、他のメンバーと情報を共有。必要に応じてアプリケーションを追加したり、映像や音声によるリアルタイム会話をして、タスクを遂行する。

 Project GigJamでは、REST APIを使用して、基幹業務アプリケーションやSaaS(Software as a Service)サービスと連携する。それぞれのアプリケーションのプレゼンテーションレイヤーをラッピングして表示するので、使用するアプリケーション自身には手を加える必要がない。

Project GigJamの概要
用途と機能複数のユーザーが様々な端末で共同作業をするのを支援するサービスとそれに関連するアプリケーション群
特徴タスクを「ギグ」と呼ぶ単位で管理。ギグ内で複数のアプリケーションを関連付けて、メンバー間でデータを共有することで、タスクを円滑に遂行する。
発表日2015年7月13日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan