コンテナ AWS

Amazon Elastic Container:コンテナ化されたアプリケーションを本番環境で実行

コンテナ管理サービス「Amazon Elastic Container Service」は、Dockerに対応。Amazon EC2インスタンスのマネージドクラスタでアプリケーションを簡単に実行できる。

Amazon Elastic Container Serviceのポイント

  • 実行時間の長いアプリケーションやバッチジョブの時間を設定
  • 独自のカスタムのスケジューラやサードパーティのスケジューラに統合
  • ユーザーのEC2インスタンスでコンテナが起動、ほかとリソースは共有しない

Amazon Elastic Container Serviceの製品解説

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンの「Amazon Elastic Container Service(ECS)」(旧EC2 Container Service)は、Dockerに対応したコンテナ管理サービス。仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」インスタンスのマネージドクラスタでアプリケーションを簡単に実行できる。

編集部おすすめの関連記事

 クラスタ管理ソフトウェアを操作したり、耐障害性の高いクラスタアーキテクチャを設計したりする必要がない。インストール、管理、またはスケーリングを必要とするソフトウェアがないため、Docker化されたアプリケーションの作成に集中できる。

 コンテナ環境を柔軟に配置できる。実行時間の長いアプリケーションやバッチジョブの時間を設定できる。APIを使用してクラスタの状態に関する最新情報を取得し、独自のカスタムのスケジューラやサードパーティのスケジューラに統合することも可能。ビジネスごとの要件またはアプリケーションごとの要件に対応できるように、同一のクラスターで複数のスケジューラがサポートされている。

 AWSのほかのサービス、Elastic Container RegistryやElastic Load Balancing(ELB)、Elastic Block Store(EBS)、Elastic Network Interface(ENI)、Virtual Private Cloud(VPC)、CloudTrailと統合されている。コンテナ環境のアプリケーションを実行するための環境を活用できる。シンプルなAPIで統合、拡張できる。AWSのリソースを視覚化、管理する。ユーザーは独自のスケジューラと統合できる。

 ユーザーのEC2インスタンスでコンテナが起動する。ほかのユーザーとリソースを共有することはない。VPCでクラスタを実行するために、ユーザー独自のVPCセキュリティグループなどを使用できる。環境を隔離することで安全性の高いアプリケーションを作成できる。

 ECSに料金は発生しない。アプリケーションの保存や実行するために作成した、EC2インスタンスやEBSボリュームなどのリソースに対して課金される。

Amazon Elastic Container Serviceのまとめ
用途と機能EC2インスタンスのマネージドクラスタでアプリケーションを実行できるコンテナ管理サービス
特徴Docker化されたアプリケーションの作成に集中でき、コンテナの配置も柔軟性に富んでいる。ほかのAWSサービスとの連携も可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]