コンテナ Amazon Web Services

EC2 Container Service:Dockerアプリを実行、管理するAWSのサービス

米Amazon Web Servicesの「Amazon EC2 Container Service(ECS)」は、仮想マシンのクラウドサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」の上で、コンテナを実行・管理する機能を提供するサービス。

 米Amazon Web Servicesの「Amazon EC2 Container Service(ECS)」は、仮想マシンのクラウドサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」の上で、コンテナを実行、管理する機能を提供するサービス。コンテナ技術の基盤である「Docker」に対応したアプリケーションをAmazon EC2インスタンスのクラスタ全体で実行、管理できるようになる。

 「コンテナ」とは仮想化技術の一種。ハイパーバイザを利用したサーバ仮想化ソフトのように仮想マシン上でゲストOSを稼働させる形態ではなく、OSのカーネル上にあるユーザー空間を複数に区切って、それぞれのユーザープロセス(アプリケーション)から見えるリソースを制限する形態である。複数のユーザープロセスをまとめて閉じ込めたユーザー空間が「コンテナ」と呼ばれる。仮想マシンを稼働させないため、オーバーヘッドが小さいことと、仮想マシンの起動やシャットダウンなどの手間や時間が不要であることが大きな特徴。

 Amazon ECSが管理するクラスタの各インスタンスはDockerデーモンを実行。そのため、コンテナとしてローカルでパッケージングしたアプリケーションは設定を変更しなくてもAmazon ECSで実行できる。

 タスクの定義にはJSON(JavaScript Object Notation)のテンプレートを使用できる。Dockerのリポジトリとイメージ、メモリとCPUの要件、共有データボリューム、コンテナ同士のリンク方法といった、タスクに必要なコンテナを1つ以上指定できる。タスク定義ファイルを使用すると、アプリケーション仕様のバージョン管理を行うことも可能。

Amazon EC2 Container Serviceの概要
用途と機能 Amazon EC2向けのコンテナ実行・管理環境
特徴 Amazon EC2の上で、コンテナを実行・管理する機能を提供。Dockerに対応
価格(税別) 無償(Amazon EC2のユーザー向けの無償サービス)
導入企業(ユーザー) 米ヘイロー、米リマインド、米コーセラ

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan