RDBMS 日本マイクロソフト

SQL Server 2016:インメモリ処理で高速化したクラウド対応のデータベース

「SQL Server」の新版。インメモリパフォーマンスの向上により、最大30倍高速なトランザクションと、ディスクベースのリレーショナルデータベースより100倍以上高速な検索、分析を実現するとしている。

 SQL Server 2016は、Microsoftが提供するリレーショナルデータベースソフトウェア「SQL Server」の新版。インメモリーパフォーマンスの向上により、最大30倍高速なトランザクションと、ディスクベースのリレーショナルデータベースより100倍以上高速な検索、分析を実現するとしている。2015年5月27日(米国時間)にパブリックプレビュー第一弾を、同社ウェブサイト上で公開。2016年に正式リリースを予定している。

 SQL Server 2016に搭載予定の、主な新機能と機能強化は次の通り。(1)格納中のデータだけでなく使用中のデータも暗号化することでデータを常時保護する「Always Encrypted」。(2)ウォームトランザクションデータとコールドトランザクションデータをMicrosoft Azureに動的にストレッチする機能を実現する「Stretch Database」。(3)Microsoft独自のインメモリ技術「Hekaton」の機能強化によるリアルタイム分析。(4)オープンソースの統計処理言語、環境の「R」の統合による新しいインデータベース分析。(5)Transact-SQL(T-SQL)を介したクエリ機能により、リレーショナルデータと非リレーショナルデータの管理を簡素化する「PolyBase」。

SQL Server 2016における新機能と機能強化
SQL Server 2016における新機能と機能強化

 オンプレミス以外にハイブリッドクラウドにも対応しており、オンプレミスとクラウドにまたがるソリューションを構築、展開し、管理できる。ユーザーは、SQL Server AlwaysOnセカンダリをMicrosoft Azureに配置し、オンプレミスのデータベースをAzureにバックアップ、リストアすることにより、事業継続(BCP)、災害復旧(DR)対策などを容易に実現できる。

SQL Server 2016の概要
用途と機能インメモリー処理を高速化し、ハイブリッドクラウドに対応するリレーショナルデータベースソフトウェア
特徴使用中のデータも暗号化することでデータを常時保護する「Always Encrypted」、Microsoft独自のインメモリ技術「Hekaton」の機能強化によるリアルタイム分析、統計処理言語・環境の「R」の統合による、新しいインデータベースアナリティクスなどを実現する。

「RDBMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]