OS 日本マイクロソフト

Windows Hello:搭載デバイスにパスワードなしでサインインするための生体認証機能

パスワードを入力する代わりに、顔や指紋を使ってWindows 10搭載デバイスにサインインできる。

 Windows Helloは、Windows 10がオプション機能として備える生体認証機能。パスワードを入力する代わりに、顔や指紋を使ってWindows 10搭載デバイスにサインインできる。ユーザーがパスワードを記憶する必要がなくなるうえ、端末を紛失したり盗まれたりした際に本人以外にサインインできないのでセキュリティを強化できる。

 Windows Helloを使うには、該当デバイスが指紋リーダーや対応するカメラを搭載している必要がある。Windows 10のスタートメニューで、[設定] > [アカウント] > [サインイン オプション]の順に選んで、顔、指紋、眼球の虹彩を使うオプションを設定する。設定を終えたら、指紋リーダーに指を置くか、カメラに顔を写すことで、Windows 10にサインインできるようになる。

Windows HelloでWindows 10にサインインしている画面
Windows HelloでWindows 10にサインインしている画面

 顔認識に関しては、奥行き認識技術を採用したインテルの「RealSense 3Dカメラ」を利用する。RealSenseが認識した物体の位置や向きの情報に基づいて、ユーザーの顔や光彩をスキャンして認証する仕組み。日本HP、デル、レノボ、富士通、NECなど主要パソコンメーカーが、RealSense 3Dカメラ搭載パソコンを販売している。

Windows Helloの概要
用途と機能Windows 10搭載デバイスにサインインするための生体認証機能
特徴パスワードを入力する代わりに、顔や指紋を使ってWindows 10搭載デバイスにサインインできる。
価格(税別)Windows 10にオプション機能として搭載

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan