PaaS セールスフォース・ドットコム

Salesforce Shield:クラウドアプリケーション開発を支援するサービス

クラウド型アプリケーション開発実行プラットフォーム「Salesforce1 Platform」向けに、セキュリティなど厳しい要求を満たすアプリケーションを構築するためのサービスを提供する。

 Salesforce.comのSalesforce Shieldは、高信頼性が求められるクラウドアプリケーションの開発を支援するサービス。同社のクラウド型アプリケーション開発実行プラットフォーム「Salesforce1 Platform」向けに、セキュリティやコンプライアンスなど厳しい要求を満たすアプリケーションを構築するためのサービスを提供する。

 Salesforce Shieldは、「Event Monitoring(イベントモニタリング)」、「Field Audit Trail(項目監査証跡)」、「Platform Encryption(プラットフォーム暗号化)」、「Data Archive(データアーカイブ)」などのサービスを提供する。Data Archiveの一般向け提供開始は2016年の予定だが、その他のサービスは2015年7月14日(米国時間)から利用可能になっている。

Field Audit Trailを使って開発したクラウドアプリケーション
Field Audit Trailを使って開発したクラウドアプリケーション

 これらのサービスを利用することによって、IT部門やシステム開発者は、監査、暗号化、アーカイブ化、モニタリングなどの機能を備えたクラウドアプリケーションを、ドラッグ&ドロップ・ツールを使ってコーディング無しで開発できる。開発したアプリケーションは、Salesforce1 Platformに配置して実行する。

 Salesforce Shieldの各サービスは、Salesforce1 Platform上のすべてのネイティブアプリケーションで利用できる。Salesforce Shieldで開発したアプリケーションは、Salesforce.comが運営するビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」に公開して、販売することも可能である。

Salesforce Shieldの概要
用途と機能Salesforce1 Platform上で実行する信頼性の高いクラウドアプリケーションを開発するためのサービス
特徴セキュリティやコンプライアンスの厳しい要求を満たす信頼性の高いクラウドアプリケーションを、ドラッグ&ドロップ・ツールを使ってコーディング無しで構築できる
価格(税別)同サービスにアクセスするために使用されたSalesforce製品全体の割合から個別に算出
発表日2015年7月14日(米国時間)
現行版の提供開始日同上。ただし、「Data Archive(データアーカイブ)」は2016年に提供開始予定
導入企業(ユーザー)First Data、Genomic Health

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan