OS 日本マイクロソフト

Windows Server:マイクロソフトのサーバOS

Microsoftが提供するサーバ製品で、Microsoftは2016年に、新版のWindows Server 2016をリリースする。

 Windows Serverは、Microsoftが提供するサーバ製品である。Microsoftは2016年に、新版のWindows Server 2016をリリースする予定であり、2015年8月19日(米国時間)に3度目のテクニカルプレビュー版を公開した。

 Windows Serverは、GUIベースのユーザーインターフェースで運用管理が比較的容易であり、クライアントとして普及しているWindowsのノウハウを活用できることから、企業情報システムで広く使われている。2008年にリリースしたWindows Server 2008からは、ハイパーバイザ型の仮想化ソフト「Hyper-V」を組み込んで提供しており、クラウドサービスでの利用も進んでいる。

Windows Server 2016の構成
Windows Server 2016の構成

 新版のWindows Server 2016では、コンテナ型の仮想化基盤である「Docker」コンテナをサポート。Dockerは、仮想マシンの代わりにコンテナを用いることで、単一サーバ上で、あるアプリケーションを他の環境から独立させて実行させる仕組みである。仮想マシンを作成するハイパーバイザ型の仮想化基盤に比べてオーバーヘッドが小さく、処理が速いのが特徴。Windows Server 2016は、WindowsとLinuxの2種類のコンテナをサポートする予定である。

 Windows Server 2016の新機能としてはほかに、簡素化した軽量のWindows Serverを動かすことができるオプション「Nano Server」がある。Nano Serverは「Windows Server Core」の約20分の1のサイズで、必要不可欠なコンポーネント(Hyper-V、クラスタ、ネットワーク、ストレージ、.NET、CoreCLR)だけで構成され、ユーザーインターフェースは備えない。

Windows Serverの概要
用途と機能企業情報システム/クラウド向けのサーバOS
特徴新バージョンのWindows Server 20016では、コンテナ型の仮想化基盤である「Docker」コンテナをサポート。簡素化した軽量のWindows Serverを動かすことができるオプションを提供する。
価格(税別)Windows Server 2012 R2 Standardが17万円、同Datacenterが119万円、など(いずれもマイクロソフトによる参考価格)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]