OS 日本マイクロソフト

Windows Server:マイクロソフトのサーバOS

Microsoftが提供するサーバ製品で、Microsoftは2016年に、新版のWindows Server 2016をリリースする。

 Windows Serverは、Microsoftが提供するサーバ製品である。Microsoftは2016年に、新版のWindows Server 2016をリリースする予定であり、2015年8月19日(米国時間)に3度目のテクニカルプレビュー版を公開した。

 Windows Serverは、GUIベースのユーザーインターフェースで運用管理が比較的容易であり、クライアントとして普及しているWindowsのノウハウを活用できることから、企業情報システムで広く使われている。2008年にリリースしたWindows Server 2008からは、ハイパーバイザ型の仮想化ソフト「Hyper-V」を組み込んで提供しており、クラウドサービスでの利用も進んでいる。

Windows Server 2016の構成
Windows Server 2016の構成

 新版のWindows Server 2016では、コンテナ型の仮想化基盤である「Docker」コンテナをサポート。Dockerは、仮想マシンの代わりにコンテナを用いることで、単一サーバ上で、あるアプリケーションを他の環境から独立させて実行させる仕組みである。仮想マシンを作成するハイパーバイザ型の仮想化基盤に比べてオーバーヘッドが小さく、処理が速いのが特徴。Windows Server 2016は、WindowsとLinuxの2種類のコンテナをサポートする予定である。

 Windows Server 2016の新機能としてはほかに、簡素化した軽量のWindows Serverを動かすことができるオプション「Nano Server」がある。Nano Serverは「Windows Server Core」の約20分の1のサイズで、必要不可欠なコンポーネント(Hyper-V、クラスタ、ネットワーク、ストレージ、.NET、CoreCLR)だけで構成され、ユーザーインターフェースは備えない。

Windows Serverの概要
用途と機能企業情報システム/クラウド向けのサーバOS
特徴新バージョンのWindows Server 20016では、コンテナ型の仮想化基盤である「Docker」コンテナをサポート。簡素化した軽量のWindows Serverを動かすことができるオプションを提供する。
価格(税別)Windows Server 2012 R2 Standardが17万円、同Datacenterが119万円、など(いずれもマイクロソフトによる参考価格)

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan