NAS SAN フラッシュストレージ フラッシュストレージ

企業向けフラッシュとHDDの今後--データセンターなどもNAND型フラッシュに移行へ

ハードディスク(HDD)ばかりで構築されたデータセンターが存在していられるのは、あと10年だろう。その後は、フラッシュメモリが昔ながらの磁気ドライブから主要ストレージメディアの座を奪ってしまう。

 ハードディスク(HDD)ばかりで構築されたデータセンターが存在していられるのは、あと10年だろう。その後は、フラッシュメモリが昔ながらの磁気ドライブから主要ストレージメディアの座を奪ってしまう。

 研究調査プロジェクトのWikibonによると、2012年時点でフラッシュメモリの出荷量はディスクストレージの1000分の1だったが、2018年には追いつき、2026年で1000倍に達する、という身も蓋もないデータがある。

 WikibonアナリストのDavid Floyer氏は調査報告書「Enterprise Flash vs HDD Projections 2012-2026」(企業向けフラッシュとHDDに関する予測 2012年~2026年)のなかで、「フラッシュメモリの価格低下と性能向上が著しいため、磁気ドライブからの移行が急速に進む。フラッシュメモリと優れた情報システムを組み合わせることにより、ビッグデータ分析機能を運用システムに統合することが可能になり、多くの意思決定作業が自動化できる」と述べた。

 より高速な不揮発性フラッシュメモリは、データセンターをはじめ、超大規模なクラウドサービスでも使われるようになるだろう。

 Floyer氏は「企業の最高情報責任者(CIO)とストレージ担当上級役員は、今後数年間でHDDからNAND型フラッシュストレージへの移行を計画していくべきであり、移行前とまった異なる管理および運用環境を作る必要がある」とした。

残り本文:約1326文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]