ストレージ

企業向けフラッシュとHDDの今後--データセンターなどもNAND型フラッシュに移行へ

ハードディスク(HDD)ばかりで構築されたデータセンターが存在していられるのは、あと10年だろう。その後は、フラッシュメモリが昔ながらの磁気ドライブから主要ストレージメディアの座を奪ってしまう。

 ハードディスク(HDD)ばかりで構築されたデータセンターが存在していられるのは、あと10年だろう。その後は、フラッシュメモリが昔ながらの磁気ドライブから主要ストレージメディアの座を奪ってしまう。

 研究調査プロジェクトのWikibonによると、2012年時点でフラッシュメモリの出荷量はディスクストレージの1000分の1だったが、2018年には追いつき、2026年で1000倍に達する、という身も蓋もないデータがある。

 WikibonアナリストのDavid Floyer氏は調査報告書「Enterprise Flash vs HDD Projections 2012-2026」(企業向けフラッシュとHDDに関する予測 2012年~2026年)のなかで、「フラッシュメモリの価格低下と性能向上が著しいため、磁気ドライブからの移行が急速に進む。フラッシュメモリと優れた情報システムを組み合わせることにより、ビッグデータ分析機能を運用システムに統合することが可能になり、多くの意思決定作業が自動化できる」と述べた。

 より高速な不揮発性フラッシュメモリは、データセンターをはじめ、超大規模なクラウドサービスでも使われるようになるだろう。

 Floyer氏は「企業の最高情報責任者(CIO)とストレージ担当上級役員は、今後数年間でHDDからNAND型フラッシュストレージへの移行を計画していくべきであり、移行前とまった異なる管理および運用環境を作る必要がある」とした。

残り本文:約1326文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]