オフィスソフト 日本マイクロソフト

Office 365:マイクロソフトが提供するクラウド型オフィスアプリケーション

Microsoftの文書作成ソフト「Word」や表計算ソフト「Excel」、メール、グループウェア、オンライン会議などの機能を、クラウド上で提供するサービスである。

 Office 365は、Microsoftのワープロソフト「Word」や表計算ソフト「Excel」、メール、グループウェア、オンライン会議などの機能を、クラウド上で提供するサービスである。パソコン、スマホ、Macなどのマルチデバイスに対応し、いつどこからでもドキュメントの閲覧や編集、メール、情報共有などをできるようにすることで業務効率を向上。さらに、使用するアプリケーションは最新版に自動アップデートされるので、管理者の負荷を軽減できる。

 Office 365で提供する機能と内容は、(1)メールとグループウェアの「Exchange Online」、(2)情報共有および文書管理の「SharePoint Online」、(3)チャットやオンライン会議の「Skype for Business Online」、(4)WordやExcel、PowerPointなどOfficeアプリケーションの機能を利用できる「Office 365 ProPlus/Office 365 Business」、など。Office 365 Businessは、Office 365 ProPlusの廉価版で、ProPlusからAccessとSkype for Businessクライアントなどを削除したもの。

Office 365の画面
Office 365の画面

 Office 365には、最大ユーザー数が300人の製品「Office 365 Business」と、ユーザー数無制限の製品「Office 365 Enterprise」の2つのエディションがあり、それぞれについて、提供する機能が異なるプランを用意する。Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、Office 365 ProPlus、Office 365 Businessを単体で提供する製品もある。

 Office 365ファミリのほかの製品として、Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)をウェブブラウザ上で利用できる「Office Online」、Office文書の編集や共有に適したクラウドストレージ「OneDrive for Business」、プロジェクト管理ツールのクラウド版「Project Online」などがある。

Office 365の概要
用途と機能メールやOfficeアプリの機能を提供するクラウドサービス
特徴マルチデバイスに対応し、いつどこからでもドキュメントの閲覧や編集、メール、情報共有などができる。
価格(税別)BusinessエディションのBusiness Essentialsプランがユーザー1名あたり年額6480円、EnterpriseエディションのE3プランが同2万6160円、など
導入企業(ユーザー)伊藤園、北海道大学、トライステージ、モリサワ、ホーチキ、ブラザー工業、伊藤忠商事、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan