オフィスソフト 日本マイクロソフト

Office 365:マイクロソフトが提供するクラウド型オフィスアプリケーション

Microsoftの文書作成ソフト「Word」や表計算ソフト「Excel」、メール、グループウェア、オンライン会議などの機能を、クラウド上で提供するサービスである。

 Office 365は、Microsoftのワープロソフト「Word」や表計算ソフト「Excel」、メール、グループウェア、オンライン会議などの機能を、クラウド上で提供するサービスである。パソコン、スマホ、Macなどのマルチデバイスに対応し、いつどこからでもドキュメントの閲覧や編集、メール、情報共有などをできるようにすることで業務効率を向上。さらに、使用するアプリケーションは最新版に自動アップデートされるので、管理者の負荷を軽減できる。

 Office 365で提供する機能と内容は、(1)メールとグループウェアの「Exchange Online」、(2)情報共有および文書管理の「SharePoint Online」、(3)チャットやオンライン会議の「Skype for Business Online」、(4)WordやExcel、PowerPointなどOfficeアプリケーションの機能を利用できる「Office 365 ProPlus/Office 365 Business」、など。Office 365 Businessは、Office 365 ProPlusの廉価版で、ProPlusからAccessとSkype for Businessクライアントなどを削除したもの。

Office 365の画面
Office 365の画面

 Office 365には、最大ユーザー数が300人の製品「Office 365 Business」と、ユーザー数無制限の製品「Office 365 Enterprise」の2つのエディションがあり、それぞれについて、提供する機能が異なるプランを用意する。Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、Office 365 ProPlus、Office 365 Businessを単体で提供する製品もある。

 Office 365ファミリのほかの製品として、Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)をウェブブラウザ上で利用できる「Office Online」、Office文書の編集や共有に適したクラウドストレージ「OneDrive for Business」、プロジェクト管理ツールのクラウド版「Project Online」などがある。

Office 365の概要
用途と機能メールやOfficeアプリの機能を提供するクラウドサービス
特徴マルチデバイスに対応し、いつどこからでもドキュメントの閲覧や編集、メール、情報共有などができる。
価格(税別)BusinessエディションのBusiness Essentialsプランがユーザー1名あたり年額6480円、EnterpriseエディションのE3プランが同2万6160円、など
導入企業(ユーザー)伊藤園、北海道大学、トライステージ、モリサワ、ホーチキ、ブラザー工業、伊藤忠商事、など

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]