PC OS

「Windows 10」導入ペースはWindows 8、7より速い--「Edge」は低迷

 StatCounterの集計したデータによると、正式リリースから1カ月が経過した「Windows 10」は、「Windows 8」および「Windows 7」よりも速いペースで導入が進んでいるという。

 StatCounterが2015年8月にWindows 10の使用状況をインターネットで集計したところ、世界平均の使用率は4.88%。Windows 8とWindows 7のリリース1カ月後の使用率はそれぞれ1%、4.05%で、両者をWindows 10が上回った。地域別でみると、英国のWindows 10の使用率が目立って高い。

世界平均

  • Windows 10:4.88%
  • Windows 8:1%
  • Windows 7:4.05%

米国

  • Windows 10:5.64%
  • Windows 8:1.16%
  • Windows 7:4.3%

英国

  • Windows 10:8.45%
  • Windows 8:1.17%
  • Windows 7:4.34%

 なお、2015年8月の使用率は、Windows 7が48.05%でトップだ。


2015年8月のOS使用率(出典:StatCounter)

 Windows 10で新たに登場したウェブブラウザ「Edge」の使用率は、リリース翌日の7月30日に記録した20.1%がピーク。その後、使用率は低迷しており、8月31日時点で14.1%まで下がった。


ブラウザ使用率の推移(出典:StatCounter)

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan