OS PC 日本マイクロソフト Microsoft

「Windows 10」シェア、5%で第4位--NetMarketShare調査

リリース後約1カ月の「Windows 10」は、デスクトップOSのシェアで第4位につけていることが、NetMarketShareの統計値で明らかになった。

 Microsoftが新たにリリースした「Windows 10」は、デスクトップOSのシェアで着実に第4位につけていることが、米国時間9月1日に公開された統計値で明らかになった。

 NetMarketShareによると、2015年8月にデスクトップOSによって生成されたすべてのウェブトラフィックのうち、Windows 10は5.21%のシェアを獲得したという。Windows 10は、2014年10月からテクニカルプレビューとして提供されていた。しかし、「Windows 7」および「Windows 8.1」ユーザーへの無料アップグレードとして7月29日に提供開始されるまで、NetMarketShareの統計にはほとんど現れていなかった。

 すべてのデスクトップOSのうち、Windows 10の8月のウェブトラフィックは4位で、Windows 8.1、「Windows XP」、Windows 7を下回ったが、「Windows 8」および「OS X Yosemite」は上回った。

 これまでのところ、リリースから同様の期間で見ると、Windows 10の導入はWindows 8を大幅に上回っている。NetMarketShareによると、Windows 8は2012年10月26日の正式リリース後、2012年11月のウェブトラフィックでわずか1%のシェアを獲得するにとどまった。その後もシェアの上昇ペースは緩やかで、5%に達したのは2013年6月になってからのことだった

 Microsoftは当然ながら、Windows 10がすぐに受け入れられていることもアピールしてきた。リリースからわずか数日後の7月30日、同社はWindows 10がすでに1400万台のデバイスに搭載されていると述べた。それから約1カ月後の8月26日には、全世界で7500万台を超えるデバイスにインストールされたと述べた。

 すべてのデスクトップOSの中で、Windows 7は8月も首位を維持し、ウェブトラフィックのシェアは57.67%だった。続いてWindows XPが12.14%、Windows 8.1が11.39%となっている。


提供:NetMarketShare

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]