IAサーバー 日本ヒューレット・パッカード

HP ProLiant DL580 Gen9L:ラックマウントのハイエンドモデル、CPUを4個搭載

ラックマウント型PCサーバ「HP ProLiant DL580 Gen9」はCPUを最大4個搭載。大量の非構造化データの分析やインメモリデータベースによるリアルタイム分析などに最適と説明している。

 日本ヒューレット・パッカードの「HP ProLiant DL580 Gen9」は、ラックマウント型PCサーバの最上位モデル。高さ4Uの筐体に、CPUを最大4個搭載する。データウェアハウス(DWH)の性能ベンチマークであるTPC-Hの値は時間あたり60万6822クエリで、従来の「Gen8」の時間あたり40万4006クエリと比べて約1.5倍に向上している。

 想定する用途は高性能データベースサーバである。大量の非構造化データの分析やインメモリデータベースによるリアルタイム分析などに向く。将来は、SAP HANAアプライアンスのエントリ構成「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」にDL580 Gen9を採用する予定である。

 DL580では、以前から可用性に注力している。例えば、UCE(修復できないエラー)が発生した際に、OSと連携してシステムダウンを回避するMCAリカバリ機能を備える。また、メモリモジュール上にある複数のメモリチップのうち2個が故障してもシステムを停止せずにエラーを自動修復するDDDC機能を備える。

ProLiant DL580 Gen9
ProLiant DL580 Gen9の外観(日本HP提供)

 ラックマウント型の「DL」シリーズのうち、現行モデルのGen9が出ているのは、全部で8モデル。具体的には、2014年10月に「DL160」「DL180」「DL360」「DL380」の4モデルを、2014年12月に「DL60」「DL80」「DL120」の3モデルを販売した。2015年5月に、ハイエンドモデルのDL580をGen8からGen9に刷新した。

HP ProLiant DL580 Gen9の概要
製品の概要ラックマウント型PCサーバ
製品の位置付けラックマウント型の最上位モデル
主な用途高性能データベースサーバ。大量の非構造化データの分析やインメモリデータベースによるリアルタイム分析などに向く。SAP HANAアプライアンスのエントリ構成「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」に採用予定
ベンチマーク値DWHの性能ベンチマーク「TPC-H」の値は時間あたり60万6822クエリ
筐体の大きさ4U
CPU4ソケット。Xeon E7-4800/8800 v3(最大18コア)を使用
メモリ96スロット。最大6Tバイト
内蔵ストレージ2.5型×最大10台
PCI拡張スロット9個
税別価格226万7000円から
発表日2015年5月29日
出荷日2015年5月29日

「IAサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]