IAサーバ 日本ヒューレット・パッカード

HP ProLiant DL580 Gen9L:ラックマウントのハイエンドモデル、CPUを4個搭載

ラックマウント型PCサーバ「HP ProLiant DL580 Gen9」はCPUを最大4個搭載。大量の非構造化データの分析やインメモリデータベースによるリアルタイム分析などに最適と説明している。

 日本ヒューレット・パッカードの「HP ProLiant DL580 Gen9」は、ラックマウント型PCサーバの最上位モデル。高さ4Uの筐体に、CPUを最大4個搭載する。データウェアハウス(DWH)の性能ベンチマークであるTPC-Hの値は時間あたり60万6822クエリで、従来の「Gen8」の時間あたり40万4006クエリと比べて約1.5倍に向上している。

 想定する用途は高性能データベースサーバである。大量の非構造化データの分析やインメモリデータベースによるリアルタイム分析などに向く。将来は、SAP HANAアプライアンスのエントリ構成「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」にDL580 Gen9を採用する予定である。

 DL580では、以前から可用性に注力している。例えば、UCE(修復できないエラー)が発生した際に、OSと連携してシステムダウンを回避するMCAリカバリ機能を備える。また、メモリモジュール上にある複数のメモリチップのうち2個が故障してもシステムを停止せずにエラーを自動修復するDDDC機能を備える。

ProLiant DL580 Gen9
ProLiant DL580 Gen9の外観(日本HP提供)

 ラックマウント型の「DL」シリーズのうち、現行モデルのGen9が出ているのは、全部で8モデル。具体的には、2014年10月に「DL160」「DL180」「DL360」「DL380」の4モデルを、2014年12月に「DL60」「DL80」「DL120」の3モデルを販売した。2015年5月に、ハイエンドモデルのDL580をGen8からGen9に刷新した。

HP ProLiant DL580 Gen9の概要
製品の概要ラックマウント型PCサーバ
製品の位置付けラックマウント型の最上位モデル
主な用途高性能データベースサーバ。大量の非構造化データの分析やインメモリデータベースによるリアルタイム分析などに向く。SAP HANAアプライアンスのエントリ構成「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」に採用予定
ベンチマーク値DWHの性能ベンチマーク「TPC-H」の値は時間あたり60万6822クエリ
筐体の大きさ4U
CPU4ソケット。Xeon E7-4800/8800 v3(最大18コア)を使用
メモリ96スロット。最大6Tバイト
内蔵ストレージ2.5型×最大10台
PCI拡張スロット9個
税別価格226万7000円から
発表日2015年5月29日
出荷日2015年5月29日

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan