IAサーバ 日本ヒューレット・パッカード

HP Apollo 4000:ストレージ構築用に特化した多ドライブ構成のPCサーバ

 日本ヒューレット・パッカードの「HP Apollo 4000」シリーズは、外付けのストレージ装置を構築する用途に特化した汎用のPCサーバ。Hadoopやスケールアウト型オブジェクトストレージなどの分散ストレージソフトを動作させるプラットフォームとして適している。

 最大の特徴は、普通のラックマウント型PCサーバと比べて、より多くのディスクドライブ(SSD/HDD)を搭載できること。少ないノード数、少ない占有面積で、より大容量のデータを格納できる仕組み。これにより、ノード数で価格が決まるストレージソフトを使う場合、容量あたりの価格を下げられる。用途に応じて、3モデルを用意した(容量はいずれも最大構成時)。

Apollo 4200
Apollo 4200の外観(日本HP提供)

 「Apollo 4200」は、高さ2Uのコンパクトな筐体に多数のドライブを搭載できるようにしたモデル。3.5インチドライブ×28個(224Tバイト)か、2.5インチドライブ×50個(100Tバイト)を搭載する。1ラック換算ではサーバ20台、容量は4.48Pバイト(3.5インチ)または2.0Pバイト(2.5インチ)になる。

 「Apollo 4510」は、筐体は4Uと若干大きくなるが、ドライブの集積度を再重視したモデル。4Uの大きさに3.5インチドライブ×68個(544Tバイト)を搭載する。1ラック換算ではサーバ10台、容量は5.4Pバイトになる。

 「Apollo 4530」は、Hadoop向けにCPU処理能力とストレージ容量のバランスをとったモデル。4Uの筐体にサーバ3台と、サーバあたり3.5インチドライブ×15個(120Tバイト)を搭載する。4Uの筐体全体では45個(360Tバイト)、1ラック換算ではサーバ30台、容量は3.6Pバイトになる。

 Apollo 4000シリーズ上で動作させることを想定した分散ストレージソフトも同時に販売する。Hadoopディストリビューション2製品(「Cloudera Enterprise」と「Hortonworks Data Platform」と、分散キーバリューストア(KVS)型のオブジェクトストレージソフト「Scality RING」である。

HP Apollo 4000シリーズの概要
用途と機能外付けストレージを構築する用途に特化した汎用のPCサーバ。Hadoopや分散KVSなどを動作させるプラットフォームとして適する
特徴普通のラックマウント型PCサーバよりも多くのドライブを搭載できること
モデルApollo 4200Apollo 4510Apollo 4530
大きさ2U4U
サーバ数1台1台3台
最大容量224Tバイト544Tバイト360Tバイト
モデルごとの主な用途分散オブジェクトストレージHadoop
税別価格72万360円から未定240万5550円から
発表日2015年7月2日
出荷日2015年7月2日2015年秋2015年7月2日

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan