ERP

SAP S/4HANA:ビジネスをリアルタイム化するスイート

インメモリ技術による高速データ処理を特徴とするデータベースソフトウエア「SAP HANA」上に構築され、ビジネスのトランザクションと分析のリアルタイム処理を可能にする。


 SAP Business Suite 4 SAP HANA(SAP S/4HANA)は、SAPが提供するビジネススイート。インメモリ技術による高速データ処理を特徴とするデータベースソフトウエア「SAP HANA」上に構築され、ビジネスのトランザクションと分析のリアルタイム処理を可能にする。オンプレミス、クラウド(パブリック、マネージドの両方)、ハイブリッドのそれぞれの形態で提供する。

 オンプレミス版は、従来のSAP Business Suiteと同様、統合基幹業務システム(ERP)、顧客関係管理(CRM)、サプライヤー関係管理(SRM)、製品ライフサイクル管理(PLM)、ヒューマンキャピタル管理(HCM)など、企業の基幹業務を支える各機能を提供する。SAPはオンプレミス版については、シンプル化とイノベーションパッケージによる年単位のイノベーションサイクルの提供を計画している。


SAP Business Suite 4 SAP HANAの画面
SAP Business Suite 4 SAP HANAの画面

 パブリッククラウド版は、基幹業務および業種に固有のビジネスシナリオに対応し、カスタマーエンゲージメント&コマース、およびプロフェッショナルサービスの主要シナリオを対象とする。マネージドクラウド版は基本的に、オンプレミス版と同様の対象範囲に対応する。クラウド版はいずれも、四半期単位のイノベーションサイクルの提供を計画している。

 ユーザーインタフェース(UI)は、同社のビジネスアプリケーション群「SAP Fiori」で採用したHTML5ベースのUIフレームワークに基づいて設計。パソコン、タブレット、スマートフォンなどの異なるデバイスで同じ操作性を提供し、直観的なユーザーエクスペリエンス(UX)を実現する。

 IPS、TIS、日本IBM、NEC、富士通などのパートナー企業が、SAP S/4HANAに対応したERPテンプレートを提供しており、ユーザー企業はこれらを利用することで効率良くシステムを構築できる。SAP S/4HANAは、データベースとしてはHANAのみを対象としており、OracleやSQL Serverなど他社のデータベースのサポートは表明していない(2015年8月時点)。

SAP Business Suite 4 SAP HANAの概要
用途と機能ビジネスのトランザクションと分析のリアルタイム処理を可能にするビジネススイート
特徴インメモリ技術によるデータベース「SAP HANA」上に構築され、ビジネスのトランザクションと分析のリアルタイム処理を可能にする。
価格(税別)要問い合わせ
発表日2015年2月6日
導入企業(ユーザー)ネットワンシステムズ、NRIセキュアテクノロジーズなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan