PaaS セールスフォース・ドットコム

Salesforce1:クラウドアプリケーションの開発、実行プラットフォーム

Salesforce.comがクラウド型サービスとして提供するアプリケーション開発、実行プラットフォーム製品群。クラウドアプリケーションやモバイルアプリケーションを構築するためのサービスやAPIで構成する。


 Salesforce1は、Salesforce.comがクラウド型サービスとして提供するアプリケーション開発、実行プラットフォーム製品群。クラウドアプリケーションやモバイルアプリケーションを構築するためのサービスやAPIで構成する。既存のSalesforceアプリケーションを、Salesforce 1で実行することもできる。

 アプリケーション開発には「Salesforce1 Lightning Builder」を使用する。あらかじめ定義されたUIコンポーネントやカスタムコンポーネントを使用して、マウスのドラッグ&ドロップ操作で、イベント駆動型アーキテクチャやMVC(モデルビューコントローラ)にのっとったアプリケーションを開発できる。アプリケーション開発には、Java、Rails、Node.js、PythonなどをサポートするPaaS(Platform as a Service)環境の「Heroku」や、同社独自のオブジェクト指向プログラミング言語「Apex」を使うことも可能。

Salesforce1の構成
Salesforce1の構成

 「Salesforce1 Platform」は、堅牢で拡張性が高く、高信頼性の企業向けクラウドアプリケーションプラットフォーム。IT担当者はインフラの保守から解放され、アプリケーションに専念できる。アプリケーションの開発、テスト、導入を、共有インフラストラクチャ上で実行でき、アプリケーションの自動アップデートが可能になっている。

 ほかに、クラウドアプリケーションとモバイルアプリケーションの両方について、アプリケーション、ユーザー、データを一括管理したり、端末からのアクセスを管理するサービスなどを提供する。さらに、Salesforce1とは別に提供するサービス「Salesforce Shield」を利用すると、Salesforce1で開発したアプリケーションに、信頼性、透明性、コンプライアンス、ガバナンスなどを組み込める。

Salesforce1の概要
用途と機能クラウドアプリケーション開発実行プラットフォーム
特徴クラウドアプリケーションやモバイルアプリケーションを開発・実行するためのサービスやAPIで構成する
価格(税別)最大10のアプリを構築可能で、ユーザー1人あたり200のカスタムオブジェクトにアクセス可能な「Force.com App Bundle」が1万円/ユーザー/月(年間契約)、など
発表日2013年11月18日(米国時間)
導入企業(ユーザー)明治安田生命保険など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]