BI

リアルタイム分析の課題--データをどう組み合わせるべきか

ビッグデータ環境の中で、多種多様な場所から取得したデータをリアルタイムに分析することは技術的に難しく、データフェデレーションは、困難な探求の対象となってきた。たが、ここにきて、より有望と期待される第3の解決策が現れた。

 いまやビッグデータは、バッチ処理とストリームデータ処理のいずれか、という話ではない。どちらか一方だけに関わるのでなく、「両方」に関係する。

 エンタープライズの現場は、ランタイムからアナリティクスに至るまで、バッチ処理とストリームデータ処理を共通フレームワーク内で統合する必要性が高まっている。しかし、ストリーミング分析が台頭してきた現在、Hadoopのようなバッチ方式のシステムにストリーミングデータを統合する作業は簡単でない。多種多様な場所から取得したデータをリアルタイムに分析することは、技術的にとても難しい。

 このデータフェデレーション問題は、困難な探求の対象となってきた。そして、現段階で解決策は大きく分けて2種類あり、より有望と期待される第3の解決策が現れた。

残り本文:約2096文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan