BI

リアルタイム分析の課題--データをどう組み合わせるべきか

ビッグデータ環境の中で、多種多様な場所から取得したデータをリアルタイムに分析することは技術的に難しく、データフェデレーションは、困難な探求の対象となってきた。たが、ここにきて、より有望と期待される第3の解決策が現れた。

 いまやビッグデータは、バッチ処理とストリームデータ処理のいずれか、という話ではない。どちらか一方だけに関わるのでなく、「両方」に関係する。

 エンタープライズの現場は、ランタイムからアナリティクスに至るまで、バッチ処理とストリームデータ処理を共通フレームワーク内で統合する必要性が高まっている。しかし、ストリーミング分析が台頭してきた現在、Hadoopのようなバッチ方式のシステムにストリーミングデータを統合する作業は簡単でない。多種多様な場所から取得したデータをリアルタイムに分析することは、技術的にとても難しい。

 このデータフェデレーション問題は、困難な探求の対象となってきた。そして、現段階で解決策は大きく分けて2種類あり、より有望と期待される第3の解決策が現れた。

残り本文:約2096文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan