DWH 日本テラデータ

中国銀、収益管理システムをデータウェアハウスで刷新--一元的に日次で管理

中国銀行は、収益管理システムを刷新する。収益管理業務を一元化すると同時に日次で管理できるようになるという。経営方針を素早く業務に反映できると説明する。

 中国銀行は、収益性や業務効率性の向上を目指して収益管理システムを刷新する。収益管理業務を一元化すると同時に日次で管理できるようになるという。日本テラデータが8月17日に発表した。

 中国銀行では、顧客別や商品別、地域別などさまざまな切り口で銀行の収益を一元化して把握、シミュレーションし、営業店向けの予算計画立案を高度化したいと考えていた。しかし、既存の収益管理システムはアプリケーションを構築したもので、データ分析の機動性や柔軟性に課題があったという。

 新しい収益管理システムには、データウェアハウス(DWH)アプライアンス「Teradata Data Warehouse Appliance 2750」、収益管理向けソフトウェア群「Teradata Value Family」、検索用ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「AccessNavigatorWeb」が採用。Value Familyの国内での導入実績とデータ活用のコンサルティング能力が評価され、採用に至ったと説明している。

 Value Familyは、信用コスト控除後収益を資産で割った“信用コスト控除後資産収益率”(Risk-Adjusted Return on Assets:RAROA)の要素である資金粗利益や役務収益、経費、信用コストをそれぞれ取引口座単位に計測、保有し、信用リスク経費控除後ベースで収益を管理するという。金利や資金シナリオを使用したシミュレーション、予算策定、予実管理、さらに顧客別や商品別、営業店別の採算シミュレーション機能など金融機関で多くの業務をサポートするという。

 中国銀行では日次での収益管理、予算シミュレーションの実行、また容易に分析できるようになり、経営方針を素早く業務に反映できるという。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]