IaaS PaaS プライベートクラウド

上昇するクラウド採用率--IaaS稼働率、40%以上が「99.999%」にこだわらない

クラウドの採用率は16%となり、2012年の10%から上昇、IaaSに期待する稼働率について40%以上が「99.999%」でなくてもよい――。ガートナーの調査で明らかになっている。

 ガートナー ジャパンは4月28日、日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表した。採用率は16%となり、2012年の10%から着実に上昇したことが明らかになった。IaaSに期待する稼働率について、40%以上が「99.999%」でなくてもよいと考えていることが明らかとなった。

日本企業のIaaSに期待する稼働率
日本企業のIaaSに期待する稼働率(ガートナー提供)

 クラウドコンピューティングの採用率は、2014年には足踏みの感が見られたが、2015年に入って急速に高まっている。種類別にも、すべてのクラウドで採用が進展した。SaaSが28%と最も採用率が高く、続いてプライベートが23%、ホステッドプライベートが18%、PaaSが16%、IaaSが15%、ハイブリッドが12%、デスクトップが10%の順となっている。

 ユーザーとベンダーの双方を含む日本国内企業でITインフラに導入する製品やサービスの選定や企画で決済、関与するITリーダー515人を対象に3月に調査した。対象企業の業種は全般にわたり、従業員数規模は500人以上から1万人以上までの企業が含まれている。

日本でのクラウドコンピューティングの採用状況
日本でのクラウドコンピューティングの採用状況(ガートナー提供)

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]