OS

Solaris:エンタープライズクラウド環境の基盤となるUNIX系OS

2014年7月31日に提供を開始したSolaris 11.2においては、オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化した。


 Solarisは、UNIX System V Release 4(SVR4)ベースのOSである「SunOS 5.x」をコアとし、デスクトップ環境などを含むOS。SPARCプロセサとx86プロセッサで動作する。元々はSun Microsystemsが開発、販売していたが、OracleがSunを買収し、Oracleの製品となった。

 2014年7月31日に提供を開始したSolaris 11.2においては、オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化。大規模なエンタープライズクラウド環境の基盤としての位置づけを明確にした。

Oracle Solaris Zonesが持つコンソールの画面
Oracle Solaris Zonesが持つコンソールの画面

 ネットワーク仮想化では、物理サーバをまたいでセグメントごとに仮想スイッチを作成し、システム管理者が一括管理できる「Elastic Virtual Switch(EVS)」を導入。複数のサーバ上にある仮想マシン間の仮想ネットワークを作成して、ネットワーク接続する作業を容易にした。

 サーバ仮想化では、特定のアプリケーションに適した仮想環境「ゾーン」を作成する「Oracle Solaris Zones」に加えて、ゾーン内にカーネルを含められる「Oracle Solaris Kernel Zone」を追加。仮想化のオーバーヘッドを軽減すると同時に、ゾーン間の独立性を高めてセキュリティや耐障害性を強化した。Oracle Solaris Kernel Zoneでは、それぞれのゾーンに、バージョンや修正パッチが異なるカーネルを配置した仮想環境を構築することも可能である。

Solarisの概要
用途と機能エンタープライズクラウド環境のプラットフォームとなるUNIXベースのOS
特徴オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化した。
価格(税別)Oracle Solaris Premier Subscription for Non-Oracle Hardware(1-4 Socket)(オラクル製品以外のサーバで搭載CPU数が4つ以下の場合)が2年間で1000ドルなど
導入企業(ユーザー)グリー、ジャストプレイヤー、アウトソーシング、など

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan