OS

Solaris:エンタープライズクラウド環境の基盤となるUNIX系OS

2014年7月31日に提供を開始したSolaris 11.2においては、オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化した。


 Solarisは、UNIX System V Release 4(SVR4)ベースのOSである「SunOS 5.x」をコアとし、デスクトップ環境などを含むOS。SPARCプロセサとx86プロセッサで動作する。元々はSun Microsystemsが開発、販売していたが、OracleがSunを買収し、Oracleの製品となった。

 2014年7月31日に提供を開始したSolaris 11.2においては、オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化。大規模なエンタープライズクラウド環境の基盤としての位置づけを明確にした。

Oracle Solaris Zonesが持つコンソールの画面
Oracle Solaris Zonesが持つコンソールの画面

 ネットワーク仮想化では、物理サーバをまたいでセグメントごとに仮想スイッチを作成し、システム管理者が一括管理できる「Elastic Virtual Switch(EVS)」を導入。複数のサーバ上にある仮想マシン間の仮想ネットワークを作成して、ネットワーク接続する作業を容易にした。

 サーバ仮想化では、特定のアプリケーションに適した仮想環境「ゾーン」を作成する「Oracle Solaris Zones」に加えて、ゾーン内にカーネルを含められる「Oracle Solaris Kernel Zone」を追加。仮想化のオーバーヘッドを軽減すると同時に、ゾーン間の独立性を高めてセキュリティや耐障害性を強化した。Oracle Solaris Kernel Zoneでは、それぞれのゾーンに、バージョンや修正パッチが異なるカーネルを配置した仮想環境を構築することも可能である。

Solarisの概要
用途と機能エンタープライズクラウド環境のプラットフォームとなるUNIXベースのOS
特徴オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化した。
価格(税別)Oracle Solaris Premier Subscription for Non-Oracle Hardware(1-4 Socket)(オラクル製品以外のサーバで搭載CPU数が4つ以下の場合)が2年間で1000ドルなど
導入企業(ユーザー)グリー、ジャストプレイヤー、アウトソーシング、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]