OS

Solaris:エンタープライズクラウド環境の基盤となるUNIX系OS

2014年7月31日に提供を開始したSolaris 11.2においては、オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化した。


 Solarisは、UNIX System V Release 4(SVR4)ベースのOSである「SunOS 5.x」をコアとし、デスクトップ環境などを含むOS。SPARCプロセサとx86プロセッサで動作する。元々はSun Microsystemsが開発、販売していたが、OracleがSunを買収し、Oracleの製品となった。

 2014年7月31日に提供を開始したSolaris 11.2においては、オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化。大規模なエンタープライズクラウド環境の基盤としての位置づけを明確にした。

Oracle Solaris Zonesが持つコンソールの画面
Oracle Solaris Zonesが持つコンソールの画面

 ネットワーク仮想化では、物理サーバをまたいでセグメントごとに仮想スイッチを作成し、システム管理者が一括管理できる「Elastic Virtual Switch(EVS)」を導入。複数のサーバ上にある仮想マシン間の仮想ネットワークを作成して、ネットワーク接続する作業を容易にした。

 サーバ仮想化では、特定のアプリケーションに適した仮想環境「ゾーン」を作成する「Oracle Solaris Zones」に加えて、ゾーン内にカーネルを含められる「Oracle Solaris Kernel Zone」を追加。仮想化のオーバーヘッドを軽減すると同時に、ゾーン間の独立性を高めてセキュリティや耐障害性を強化した。Oracle Solaris Kernel Zoneでは、それぞれのゾーンに、バージョンや修正パッチが異なるカーネルを配置した仮想環境を構築することも可能である。

Solarisの概要
用途と機能エンタープライズクラウド環境のプラットフォームとなるUNIXベースのOS
特徴オープンソースのクラウド環境構築用ソフトウェア群の「OpenStack」に対応したほか、ネットワークやサーバの仮想化機能を強化した。
価格(税別)Oracle Solaris Premier Subscription for Non-Oracle Hardware(1-4 Socket)(オラクル製品以外のサーバで搭載CPU数が4つ以下の場合)が2年間で1000ドルなど
導入企業(ユーザー)グリー、ジャストプレイヤー、アウトソーシング、など

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]