OS 日本マイクロソフト

Windows 10:7と8/8.1の“いいとこ取り”+αで登場した新版

Windows 8/8.1で廃止したスタートメニューを、デザインを刷新して復活させたほか、生体認証などセキュリティ機能を強化した。さらに、Internet Explorerのほかに、デフォルトブラウザとして新たに「Microsoft Edge」を搭載する。

 Microsoftが2015年7月29日に提供を開始したWindowsの新バージョン。一般ユーザー向けの「Home」、ビジネスユーザー向けの「Pro」、主に大企業ユーザー向けの「Enterprise」、教育機関向けの「Education」の各エディションがある。スマートフォン向けには「Mobile」と、主に大企業向けの「Mobile Enterprise」がある。プラットフォームに依らず、共通したユーザーエクスペリエンス(UX)を提供する。

 Windows 8/8.1で廃止したスタートメニューを、デザインを刷新して復活させたほか、生体認証などセキュリティ機能を強化した。さらに、Internet Explorerのほかに、デフォルトブラウザとして新たに「Microsoft Edge」を搭載。提供開始から1年間の期間限定で、Windows 7 Service Pack1とWindows 8.1 Updateからの無償アップグレードサービスを提供する。

Windows 10の画面(スタートメニューとMicrosoft Edge)
Windows 10の画面(Microsoft Edge)

 刷新したスタートメニューは、Windows 7のスタートメニューに、Windows 8/8.1のスタート画面を合体させたような外観になっている。Windows 8のスタート画面と同じように全画面表示させることも可能だ。よく使うアプリをスタートメニューにタイルとしてピン留めしたり、タイルの移動や再グループ化を行ったりして、使いやすいようにカスタマイズできる。

 新搭載のブラウザであるMicrosoft Edgeは、ウェブページにキーボードまたは手書き入力でメモを書き込んで、そのページを保存したり、共有したりできる。Windows 10で新たに搭載する機能としてはほかに、音声アシスタント機能の「Cortana」、PCのカメラによる顔認証や指紋認証によりパスワード不要でログインできる「Windows Hello」、デスクトップモードとタブレットモードをすばやく切り替えられる「Continuum」、仮想デスクトップの作成機能などがある。

Windows 10の画面(スタートメニュー)
Windows 10の画面(スタートメニュー)

 Microsoftは従来の方針にのっとって、2015年7月の提供開始から10年間にわたってWindows 10をサポートすることを表明している。Windows XP/7からWindows 8への移行に慎重だった企業は多かったが、2014年4月8日のWindows XP延長サポート終了と2015年1月13日のWindows 7メインストリームサポート終了を受けて、今後、これらの企業のWindows 10への移行が加速することが考えられる(Windows 7延長サポート終了は2020年1月14日の予定)。

Windows 10の概要
用途と機能Microsoftが2015年7月29日に提供を開始したWindowsの新バージョン
特徴スタートメニューを、デザインを刷新して復活させたほか、生体認証などセキュリティ機能を強化。新しいデフォルトWebブラウザとして「Microsoft Edge」を搭載する。
価格(税別)Homeが1万3800円、Proが2万5800円、など(いずれもマイクロソフトストアの価格)
発表日2014年9月30日
提供開始日2015年7月29日

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]