OS 日本マイクロソフト

Windows 10:7と8/8.1の“いいとこ取り”+αで登場した新版

Windows 8/8.1で廃止したスタートメニューを、デザインを刷新して復活させたほか、生体認証などセキュリティ機能を強化した。さらに、Internet Explorerのほかに、デフォルトブラウザとして新たに「Microsoft Edge」を搭載する。

 Microsoftが2015年7月29日に提供を開始したWindowsの新バージョン。一般ユーザー向けの「Home」、ビジネスユーザー向けの「Pro」、主に大企業ユーザー向けの「Enterprise」、教育機関向けの「Education」の各エディションがある。スマートフォン向けには「Mobile」と、主に大企業向けの「Mobile Enterprise」がある。プラットフォームに依らず、共通したユーザーエクスペリエンス(UX)を提供する。

 Windows 8/8.1で廃止したスタートメニューを、デザインを刷新して復活させたほか、生体認証などセキュリティ機能を強化した。さらに、Internet Explorerのほかに、デフォルトブラウザとして新たに「Microsoft Edge」を搭載。提供開始から1年間の期間限定で、Windows 7 Service Pack1とWindows 8.1 Updateからの無償アップグレードサービスを提供する。

Windows 10の画面(スタートメニューとMicrosoft Edge)
Windows 10の画面(Microsoft Edge)

 刷新したスタートメニューは、Windows 7のスタートメニューに、Windows 8/8.1のスタート画面を合体させたような外観になっている。Windows 8のスタート画面と同じように全画面表示させることも可能だ。よく使うアプリをスタートメニューにタイルとしてピン留めしたり、タイルの移動や再グループ化を行ったりして、使いやすいようにカスタマイズできる。

 新搭載のブラウザであるMicrosoft Edgeは、ウェブページにキーボードまたは手書き入力でメモを書き込んで、そのページを保存したり、共有したりできる。Windows 10で新たに搭載する機能としてはほかに、音声アシスタント機能の「Cortana」、PCのカメラによる顔認証や指紋認証によりパスワード不要でログインできる「Windows Hello」、デスクトップモードとタブレットモードをすばやく切り替えられる「Continuum」、仮想デスクトップの作成機能などがある。

Windows 10の画面(スタートメニュー)
Windows 10の画面(スタートメニュー)

 Microsoftは従来の方針にのっとって、2015年7月の提供開始から10年間にわたってWindows 10をサポートすることを表明している。Windows XP/7からWindows 8への移行に慎重だった企業は多かったが、2014年4月8日のWindows XP延長サポート終了と2015年1月13日のWindows 7メインストリームサポート終了を受けて、今後、これらの企業のWindows 10への移行が加速することが考えられる(Windows 7延長サポート終了は2020年1月14日の予定)。

Windows 10の概要
用途と機能Microsoftが2015年7月29日に提供を開始したWindowsの新バージョン
特徴スタートメニューを、デザインを刷新して復活させたほか、生体認証などセキュリティ機能を強化。新しいデフォルトWebブラウザとして「Microsoft Edge」を搭載する。
価格(税別)Homeが1万3800円、Proが2万5800円、など(いずれもマイクロソフトストアの価格)
発表日2014年9月30日
提供開始日2015年7月29日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  2. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  3. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  4. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  5. 漏洩事件の3割、ウェブアプリへの攻撃が糸口に!?脅威トップ10を知り有効な対策を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]