NAS SAN EMCジャパン

EMC CloudArray:SAN/NASのようにクラウドにデータを格納できるゲートウェイ

「EMC CloudArray」は、SANやNASと同様の感覚でAmazon S3などのオブジェクトストレージにデータを格納できる。データバックアップやファイル共有などをより安価に運用できるようになるという。

 EMCジャパンの「EMC CloudArray」は、使い慣れたSAN/NASストレージの使い勝手でコスト効果に優れたクラウドストレージを利用できるようにするゲートウェイ製品である。データバックアップやファイル共有などをより安価に運用できるようになる。キャッシュ容量に応じて、物理アプライアンス4モデルと仮想アプライアンス3モデルを用意した。

 業務アプリケーションからは、SANストレージ(iSCSIターゲット)またはNASストレージ(CIFS/NFSマウントポイント)として利用する。1台のCloudArrayの上に複数のボリュームを作成できる。ここにデータを書くと、バックエンドでクラウドストレージに格納する仕組み。Amazon S3などREST API経由でアクセス可能な各種のオブジェクトストレージにデータを格納できる。標準で20種類を超えるオブジェクトストレージのAPIを利用できる。

 高速にアクセスできるようにCloudArray側にキャッシュ(ローカルストレージを利用)を用意した。キャッシュに書いた時点で、書き込み処理が完了する。ネットワーク帯域を抑える工夫として、データの圧縮機能を備えるほか、あらかじめ指定したチャンクサイズにブロックデータをまとめてからクラウドに格納する。セキュリティ面では、データの暗号化機能(AES 256ビット)を標準で備える。

 物理アプライアンスは、モデルに応じて、12T/18T/40T/80Tバイトのキャッシュをあらかじめ内蔵する。仮想アプライアンスは、ソリッドステートドライブ(SSD)など任意のローカルストレージをキャッシュとして利用可能で、キャッシュ容量はモデルに応じて3T/6T/12Tバイト。仮想アプライアンスの動作環境はVMware ESXiまたはHyper-V。

CloudArray(物理アプライアンス)の外観
CloudArray(物理アプライアンス)の外観(EMCジャパン提供)
EMC CloudArrayの概要
用途と機能クラウドストレージをSAN(iSCSI)またはNAS(CIFS/NFS)ストレージとして利用できるようにするゲートウェイ製品
メリットデータの保管にクラウドストレージを活用することでデータバックアップやファイル共有などを、より安価に運用できるようになる
利用可能なクラウドストレージAmazon S3などREST API経由でアクセス可能な各種のオブジェクトストレージ(標準で20種類を超えるオブジェクトストレージのAPIを利用可能)
高速化手法CloudArray側に用意したローカルストレージをクラウドストレージのキャッシュとして利用(キャッシュに書いた時点で書き込み処理が完了)
データ圧縮指定したチャンクサイズにブロックデータをまとめてから書く
セキュリティ機能データの暗号化機能(AES 256ビット)
モデル構成キャッシュ容量に応じて物理アプライアンス4モデル(12T/18T/40T/80Tバイト)と仮想アプライアンス3モデル(3T/6T/12Tバイト)を用意
税別価格最安価となる仮想アプライアンス「CloudArray 3VE」(キャッシュ容量3Tバイト)で178万1250円
発表日2015年5月1日
出荷日2015年5月1日

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan