SAN EMCジャパン

XtremIO 4.0:SSDだけのスケールアウト型SANストレージ、SSD向けのソフト開発

SSDだけで構成したスケールアウト型のSANストレージ「XtremIO 4.0」は、汎用サーバをベースに、SSD向けに開発したストレージソフトを組み合わせている。

 EMCジャパンの「XtremIO 4.0」は、ソリッドステートドライブ(SSD)だけで構成したスケールアウト型のSANストレージ。最小2台から最大8台までクラスタリング接続することで性能と容量を拡張できる。最大構成時(筐体8台でコントローラ16台)の性能は200万IOPS(4Kバイト、100%リード)。サーバからはSAN(iSCSIまたはFibreChannel)でアクセスする。

XtremIO 4.0の外観
XtremIO 4.0の外観(EMCジャパン提供)

 ビルディングブロック「X-Brick」(コントローラ×2、SAS接続SSD×25個)の単位で容量と性能を拡張できる。コントローラはメモリ共有型のクラスタ構成で動作し、コントローラ同士はInfiniBandで接続する。X-Brickの増設時は、ストレージを停止することなくオンラインで増設できる。X-Brickの容量は、10T/20T/40Tバイトの3種類がある。このほかに容量5Tバイト(SSD×13台)の最小構成「Starter X-Brick」も用意している。

 汎用サーバをベースに、SSD向けに開発したストレージソフトを組み合わせている。シンプロビジョニング、インライン重複排除、インライン圧縮、データ暗号化、書き込み可能なスナップショット、などの機能群をひと通り揃える。

 インライン重複排除でSSDへの書き込みを減らしている。書き込み性能が向上するほか、SSDの耐久性が上がる。データの格納場所を記したメタデータも、SSDではなくコントローラのメインメモリ上に配置する(定期的にコントローラのローカルストレージなどにバックアップする)。

 シンプロビジョニングでは、4Kバイトブロック単位に分割して分散して書き込むことで、SSDに特有のガベージコレクション(空き領域の回収処理)を不要にした。また、クラスタ型の構成と分散書き込みでランダムI/O時の書き込み性能を確保している。

XtremIO 4.0の概要
用途と機能オールSSD構成のスケールアウト型SANストレージ
特徴コントローラ2台と内蔵ストレージ(SSD×25個)からなるビルディングブロック「X-Brick」を最大8台までクラスタリング接続することによって、容量と性能を拡張できる
ストレージ機能シンプロビジョニング、インライン重複排除、インライン圧縮、データ暗号化、書き込み可能なスナップショットなど
物理容量最小構成(5TバイトのX-Brick×1台)で5Tバイト
最大構成(40TバイトのX-Brick×8台)で320Tバイト
性能X-Brick×1台構成時は25万IOPS(4Kバイト、100%リード)
X-Brick×8台構成時は200万IOPS(4Kバイト、100%リード)
価格個別見積もり。2014年7月時点では容量5Tバイトで2672万円から
発表日2015年6月25日
出荷日2015年6月25日

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan