SAN フラッシュストレージ EMCジャパン デル

Dell EMC XtremIO:リニアに容量と性能を拡張できるフラッシュSANストレージ

SANストレージ「Dell EMC XtremIO」は、オールフラッシュのスケールアウト型。「X-Brick」と呼ばれるコンポーネントの追加によって、容量と性能をリニアに向上させられる。

Dell EMC XtremIOのポイント

  • ビルディングブロックの単位で容量と性能を拡張
  • データの格納場所をコントローラのメインメモリ上に配置
  • インライン重複排除でSSDへの書き込みを減らしている

Dell EMC XtremIOの製品解説

 Dell Technologiesの「Dell EMC XtremIO」は、ソリッドステートドライブ(SSD)だけで構成したスケールアウト型のSANストレージ。最小1台から最大4台までクラスタリング接続することで性能と容量を拡張できる。最大構成時(筐体4台でコントローラ8台)の性能は8800万IOPS(4Kバイト、100%リード)。サーバからはSAN(iSCSIまたはFibreChannel)でアクセスする。

編集部おすすめの関連記事

 ビルディングブロック「X-Brick」(コントローラ×2、SAS接続SSD×18~72個)の単位で容量と性能を拡張できる。コントローラはメモリ共有型のクラスタ構成で動作し、コントローラ同士はInfiniBandで接続する。X-Brickの増設時は、ストレージを停止することなくオンラインで増設できる。

 プロセッサはXeon。汎用サーバをベースにSSD向けに開発したストレージソフトを組み合わせている。インライン重複排除でSSDへの書き込みを減らしている。書き込み性能が向上するほか、SSDの耐久性が上がる。

 データの格納場所を記したメタデータも、SSDではなくコントローラのメインメモリ上に配置する。本番環境のSLAに影響を与えることなく、数千のコピーを作成し、同じプラットフォーム上でそれらのコピーのワークロードを実行できる。

 インラインと常時の重複排除や圧縮、シンプロビジョニングでストレージを効率化することが可能。XVC(XtremIO仮想コピー)で、無秩序なコピーの増加も完全に排除できる。

 シンプロビジョニングでは、4Kバイトブロック単位に分割して分散して書き込むことで、SSDに特有のガベージコレクション(空き領域の回収処理)を不要にした。また、クラスタ型の構成と分散書き込みでランダムI/O時の書き込み性能を確保している。

Dell EMC XtremIOのまとめ
用途と機能オールフラッシュのスケールアウト型SANストレージ
特徴「X-Brick」の単位で容量と性能を拡張。コントローラはメモリ共有型のクラスタ構成で動作。データの格納場所を記したメタデータも、SSDではなくコントローラのメインメモリ上に配置

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]