PBX NEC

UNIVERGE Aspire UX:500台まで対応のワンボックス型IP電話システム

電話機数台から500台規模でIP電話の交換機機能をワンボックス型で提供するアプライアンス「UNIVERGE Aspire UX」は、内線と外線を利用できる。

 NECとNECプラットフォームズの「UNIVERGE Aspire UX」は、電話機数台から500台規模の中小規模事業所向けにIP電話の交換機機能をワンボックス型で提供するアプライアンス。内線(IP電話)と外線(アナログ回線/デジタル回線)を利用できる。複数拠点にまたがった内線網を構築するためのIPルータ機能も備える。IP電話端末として、IP電話機やビデオ会議端末などの機能やソフトフォンなどを利用できる。

 在席(プレゼンス)表示やチャット機能などを備えたユニファイドコミュニケーション(UC)ソフト「デスクトップコミュニケータUC100」を標準で用意している。UNIVERGE Aspire UXが同ソフトのサーバ機能を搭載しているので、別途UCサーバ機を用意する必要がない。

 スマートフォンと固定電話機をBluetoothで連携させるためのオプション装置「BCAユニット」も用意している。これにより、着信した電話について、スマートフォンと固定電話機を相互にヘッドセットとして使えるようになる。

 2015年2月に提供を開始した現行版では、内線をグループ化する新機能「ワンナンバーフォーキング」を搭載した。これにより、1つの内線番号で複数の端末を同時に鳴動させられるようになった。メインで使用する端末(メイン内線)に最大7台の端末(メンバー内線)をグループ化して登録する形。全256グループまで作成できる。

 現行版ではさらに、社内のIP電話システム(SIPサーバ)に社外からアクセスできるようにするSaaS型のSIPゲートウェイサービス「UNIVERGE どこでも内線サービス」をUNIVERGE Aspire UXでも利用できるようにした。同サービスを使うと、スマートフォンとインターネットを通じて、社内の内線電話を使えるようになる。どこでも内線サービスへの対応内容として、圏外かどうかなどを適切に判定できるように改修した。

UNIVERGE Aspire UX
UNIVERGE Aspire UXの外観(NEC提供)
UNIVERGE Aspire UXの概要
用途と機能IP電話の交換機機能をオールインワン型で提供するアプライアンス
適用規模電話機500台規模までの中小規模事業所
利用可能な回線内線(IP電話)、外線(アナログ回線/デジタル回線)
主な特徴PC用にUCソフトを標準で用意。内線をグループ化する機能を用意しており、1つの内線番号で複数の端末を同時に鳴動させられる
税別価格想定システム(IP電話サービス×4回線、12ボタンのデジタル多機能電話機×8台、コールセンター機能×4台分)で、設定費や設置工事費を除いて73万3000円から
発表日2015年1月23日
出荷日2015年2月4日

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan