UNIXサーバ 富士通

SPARC M10:コアあたり3割高速のUNIXサーバ、バッチ処理を短縮

業務アプリケーション用途の汎用UNIXサーバ「SPARC M10」は、最大16コアのRISCプロセッサ「SPARC64 X」「SPARC64 X+」を搭載、CPUあたりの演算性能を高めている。

 富士通の「SPARC M10」は、業務アプリケーション用途の汎用UNIXサーバ「SPARC M」シリーズの現行モデルである。現行世代で最大16コアのRISCプロセッサ「SPARC64 X」「SPARC64 X+」を搭載し、CPUあたりの演算性能を高めている。上位モデルでは筐体間を接続して1024コアまで拡張できる。

 全3モデルで構成する。筐体の増設によるスケールアップができない基本構成の機種は2機種で、エントリー機「M10-1」(1CPU構成、1Uラックマウント)と、ミッドレンジ機「M10-4」(4CPU構成、4Uラックマウント)である。もう1つのハイエンド機「M10-4S」は、M10-4に筐体間接続用のアダプタを装着した機種であり、最大で16台(64CPU、1024コア、メモリ64Tバイト)まで増設してスケールアップできる。

 2015年5月には、ハイエンド機のM10-4Sと同水準の動作周波数のプロセッサ(SPARC64 X+ 3.7GHz、8コア)を、エントリー機のM10-1とミッドレンジ機のM10-4向けに新たに開発して搭載した。これにより、CPUコアあたりの性能を以前と比べて約30%高め、基幹系システムにおけるビジネスデータのバッチ処理時間を短縮した。

SPARC M10-1の外観
SPARC M10-1の外観(富士通提供)
SPARC M10の概要
モデル名M10-1M10-4M10-4S
最小構成の税別価格220万円571万円1517万円
CPUSPARC64 X+ 3.7GHz×1(8コア)
SPARC64 X+ 3.2GHz×1(16コア)
SPARC64 X 2.8GHz×1(16コア)
SPARC64 X+ 3.7GHz×4(32コア)
SPARC64 X+ 3.2GHz×4(64コア)
SPARC64 X 2.8GHz×4(64コア)
筐体1台:SPARC64 X+ 3.7GHz×4(64コア)
筐体16台:SPARC64 X+ 3.7GHz×64(1024コア)
メモリ1Tバイト4Tバイト筐体1台:4Tバイト
筐体16台:64Tバイト
形状1Uラックマウント4Uラックマウント筐体1台:4Uラックマウント
内蔵ディスク最大8台(4.8Tバイト)最大8台(4.8Tバイト)筐体1台:最大8台(4.8Tバイト)
筐体16台:最大128台(76.8Tバイト)
稼働OSSolaris 8/9/10/11
領域の分割方法筐体単位の物理パーティショニング
論理パーティショニング(Oracle VM)
OS領域を仮想分割(Solaris 11のSolaris Zone機能)
発表日2015年4月7日2013年1月18日
出荷日2015年4月7日2013年1月
備考価格は2013年1月18日時点

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan