IAサーバ NEC

NX7700x:予備のCPUとメモリで可用性を高めたx86サーバ--I/Oカードにも冗長性

x86サーバ「NX7700x」シリーズは、エラーの発生頻度が高くなったCPUコアを自動的に切り離して予備のCPUコアに置き換える。現行モデルでは、メモリの故障に対する可用性を高めた。

 NECの「NX7700x」シリーズは、CPUやメモリなどのハードウェアの故障に強いというx86サーバ。エラーの発生頻度が高くなったCPUコアを自動的に切り離して予備のCPUコアに置き換える。ライセンスの設定だけで有効コア数を動的に変更でき、残りのコアを予備コアとして利用する仕組み。予備のメモリ領域を設定しておけば、メモリの故障に対しても予備のメモリに切り替えられる。

 現行モデルでは、メモリの故障に対する可用性を高めた。既存モデルはメモリ容量の4分の1を予備のメモリとして設定できるが、現行モデルは容量の4分の2まで予備として利用できる。これにより、メモリを交換することなく2回まで故障に耐えられる。4個のメモリチャネル(データ入出力チャネルが2個あるデュアルランク型DIMM×2枚)のうち、予備として使えるチャネルを従来の1個から2個に増やした形である。

 メモリデータのミラーリング機能も強化した。メモリ領域を有効に利用できるように、ミラーリングする領域をメモリアドレスで指定できるようにした。既存モデルはアドレス指定ができないので全データを2重化するしかなかったが、後継モデルはデータベースサーバなど特定のアプリケーションが利用するメモリ空間に限って2重化できる。

 後継モデルでは、CPUも15コアから18コアに刷新。これにより、予備コアをより運用しやすくした。CPUとメモリだけでなく、I/Oカードにも冗長性を持たせた。I/Oカードの故障時に予備のI/Oカードに切り替わるようにした。

NX7700x/A3012M-4の外観
NX7700x/A3012M-4の外観(NEC提供)
NX7700xシリーズの概要
用途と機能基幹業務向けx86サーバ
主な特徴CPUやメモリなどのハードウェア障害に対する可用性をUNIXサーバ並みに高めたこと
高可用性機能故障したCPUコアを自動的に切り離し、予備のコアに切り替える(使っていないCPUコアを予備として利用する)
故障したメモリを自動的に切り離し、予備のメモリに切り替える(容量の1/2まで予備として利用する)
故障したI/Oカードを自動的に切り離し、予備のI/Oカードに切り替える
モデルA3010M-4A3012L-1A3012L-2A3012M-4
CPU数CPU×1~4(18~72コア、予備コアは使用不可)CPU×1(18コア)CPU×2(36コア)CPU×2~4(36~72コア)
税別最小構成価格168万4000円301万7000円358万9000円327万5000円
発表日2015年5月27日
出荷日2015年7月31日

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan