IAサーバー NEC

NX7700x:予備のCPUとメモリで可用性を高めたx86サーバ--I/Oカードにも冗長性

x86サーバ「NX7700x」シリーズは、エラーの発生頻度が高くなったCPUコアを自動的に切り離して予備のCPUコアに置き換える。現行モデルでは、メモリの故障に対する可用性を高めた。

 NECの「NX7700x」シリーズは、CPUやメモリなどのハードウェアの故障に強いというx86サーバ。エラーの発生頻度が高くなったCPUコアを自動的に切り離して予備のCPUコアに置き換える。ライセンスの設定だけで有効コア数を動的に変更でき、残りのコアを予備コアとして利用する仕組み。予備のメモリ領域を設定しておけば、メモリの故障に対しても予備のメモリに切り替えられる。

 現行モデルでは、メモリの故障に対する可用性を高めた。既存モデルはメモリ容量の4分の1を予備のメモリとして設定できるが、現行モデルは容量の4分の2まで予備として利用できる。これにより、メモリを交換することなく2回まで故障に耐えられる。4個のメモリチャネル(データ入出力チャネルが2個あるデュアルランク型DIMM×2枚)のうち、予備として使えるチャネルを従来の1個から2個に増やした形である。

 メモリデータのミラーリング機能も強化した。メモリ領域を有効に利用できるように、ミラーリングする領域をメモリアドレスで指定できるようにした。既存モデルはアドレス指定ができないので全データを2重化するしかなかったが、後継モデルはデータベースサーバなど特定のアプリケーションが利用するメモリ空間に限って2重化できる。

 後継モデルでは、CPUも15コアから18コアに刷新。これにより、予備コアをより運用しやすくした。CPUとメモリだけでなく、I/Oカードにも冗長性を持たせた。I/Oカードの故障時に予備のI/Oカードに切り替わるようにした。

NX7700x/A3012M-4の外観
NX7700x/A3012M-4の外観(NEC提供)
NX7700xシリーズの概要
用途と機能基幹業務向けx86サーバ
主な特徴CPUやメモリなどのハードウェア障害に対する可用性をUNIXサーバ並みに高めたこと
高可用性機能故障したCPUコアを自動的に切り離し、予備のコアに切り替える(使っていないCPUコアを予備として利用する)
故障したメモリを自動的に切り離し、予備のメモリに切り替える(容量の1/2まで予備として利用する)
故障したI/Oカードを自動的に切り離し、予備のI/Oカードに切り替える
モデルA3010M-4A3012L-1A3012L-2A3012M-4
CPU数CPU×1~4(18~72コア、予備コアは使用不可)CPU×1(18コア)CPU×2(36コア)CPU×2~4(36~72コア)
税別最小構成価格168万4000円301万7000円358万9000円327万5000円
発表日2015年5月27日
出荷日2015年7月31日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「IAサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]