UNIXサーバー 日立製作所

EP8000 E850:需要にあわせてCPUやメモリを動的に増減できる中級UNIXサーバ

対称型マルチプロセッシング構成のUNIXサーバ機「EP8000」シリーズのミッドレンジモデル「EP8000 E850」はPOWER8を搭載。メモリ障害時に未使用のメモリモジュールにデータを移動してシステム停止を防ぐ機能を備えている。

 日立製作所の「EP8000 E850」は、企業の基幹業務などで使われる対称型マルチプロセッシング(SMP)構成のUNIXサーバ機「EP8000」シリーズの中級モデル。ハードウェア仕様はIBMのPower Systemsと同じであり、IBMのCPUとOS(POWERプロセッサとAIX)を採用している。これを日立製作所が自社ブランドで提供する。

EP8000シリーズのラック外観
EP8000シリーズのラック外観(日立製作所提供)

 EP8000シリーズのうち、現行プロセッサのPOWER8を搭載したモデルは、最大6コアのエントリーモデルから最大128コアのハイエンドモデルまで全5種で構成する。今回新たに追加したE850はミッドレンジ隣、4Uラックマウントの省スペース型の筐体を持つ。

 E850の特徴は、中級モデルでありながら上級モデルの柔軟性と信頼性を持つこと。具体的には、システムを稼働させたまま需要にあわせてCPUとメモリを増減するキャパシティオンデマンド(CoD)機能、これに関連してメモリ障害時に未使用のメモリモジュールにデータを移動してシステム停止を防ぐ機能を備えている。

EP8000シリーズのラインアップ(POWER8搭載モデル)
クラスモデル名CPUコア数CPUの周波数
ハイエンドE8808~1284.35GHz
ミッドレンジE8708~644.02GHz
E85016~323.72GHz
エントリーS8246/8/12/16/243.52/3.89/4.15GHz
S81463.02GHz
EP8000 E850の概要
用途と機能UNIXサーバの中級モデル
特徴4Uラックマウント型で単独で導入できる中級モデルでありながら、上級モデルのように需要に合わせてCPUとメモリを増減できること
プロセッサPOWER8(3.72GHz)×2~4個(16~32コア)
メモリ最大2Tバイト
内蔵ストレージ最大11.1Tバイト
I/Oスロット(PCI)11本
サポートOSAIX、Linux
税別価格最小構成(16コア、メモリ128Gバイト、ディスク容量146Gバイト)で3031万9000円
発表日2015年5月19日
出荷日2015年5月31日

「UNIXサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]