UNIXサーバ 日立製作所

EP8000 E850:需要にあわせてCPUやメモリを動的に増減できる中級UNIXサーバ

対称型マルチプロセッシング構成のUNIXサーバ機「EP8000」シリーズのミッドレンジモデル「EP8000 E850」はPOWER8を搭載。メモリ障害時に未使用のメモリモジュールにデータを移動してシステム停止を防ぐ機能を備えている。

 日立製作所の「EP8000 E850」は、企業の基幹業務などで使われる対称型マルチプロセッシング(SMP)構成のUNIXサーバ機「EP8000」シリーズの中級モデル。ハードウェア仕様はIBMのPower Systemsと同じであり、IBMのCPUとOS(POWERプロセッサとAIX)を採用している。これを日立製作所が自社ブランドで提供する。

EP8000シリーズのラック外観
EP8000シリーズのラック外観(日立製作所提供)

 EP8000シリーズのうち、現行プロセッサのPOWER8を搭載したモデルは、最大6コアのエントリーモデルから最大128コアのハイエンドモデルまで全5種で構成する。今回新たに追加したE850はミッドレンジ隣、4Uラックマウントの省スペース型の筐体を持つ。

 E850の特徴は、中級モデルでありながら上級モデルの柔軟性と信頼性を持つこと。具体的には、システムを稼働させたまま需要にあわせてCPUとメモリを増減するキャパシティオンデマンド(CoD)機能、これに関連してメモリ障害時に未使用のメモリモジュールにデータを移動してシステム停止を防ぐ機能を備えている。

EP8000シリーズのラインアップ(POWER8搭載モデル)
クラスモデル名CPUコア数CPUの周波数
ハイエンドE8808~1284.35GHz
ミッドレンジE8708~644.02GHz
E85016~323.72GHz
エントリーS8246/8/12/16/243.52/3.89/4.15GHz
S81463.02GHz
EP8000 E850の概要
用途と機能UNIXサーバの中級モデル
特徴4Uラックマウント型で単独で導入できる中級モデルでありながら、上級モデルのように需要に合わせてCPUとメモリを増減できること
プロセッサPOWER8(3.72GHz)×2~4個(16~32コア)
メモリ最大2Tバイト
内蔵ストレージ最大11.1Tバイト
I/Oスロット(PCI)11本
サポートOSAIX、Linux
税別価格最小構成(16コア、メモリ128Gバイト、ディスク容量146Gバイト)で3031万9000円
発表日2015年5月19日
出荷日2015年5月31日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]