SAN 富士通

ETERNUS DX8000 S3:最大400万IOPSのハイエンドSANストレージ

ハイエンドSANストレージ「ETERNUS DX8000 S3」シリーズは、アクセス頻度に応じてドライブ間でデータを再配置するILMと、あらかじめ設定したI/O性能を出せるようにストレージ内部のリソース配分を自動調整するQoS機能を連携させている。

 富士通の「ETERNUS DX8000 S3」シリーズは、ハイエンドSANストレージ。コントローラ24台の最大構成ですべてソリッドステートドライブ(SSD)構成の場合、ランダムアクセス時のI/O性能はリードキャッシュを使わずに毎秒約400万(8Kバイトブロック、リード100%)になる。

ETERNUS DX8000 S3シリーズの外観
ETERNUS DX8000 S3シリーズの外観(富士通提供)

 全3モデルで構成する(DX8900/DX8700/DX8100)。ハイエンドモデルのDX8900は、最大24台のコントローラ、最大4608台のディスクドライブ(SSD/HDD)、最大1万3824Tバイトの物理容量を持つ。オプションでコントローラ内にPCI Express接続型のフラッシュメモリ「Extreme Cache」を搭載し、これをリードキャッシュとして利用できる。DX8900では最大6144Gバイトのリードキャッシュを利用できる。

 データのアクセス頻度に応じてドライブ間でデータを再配置するストレージ自動階層制御機能(ILM)と、あらかじめ設定したI/O性能を出せるようにストレージ内部のリソース配分を自動調整するQoS(Quality of Service)機能を連携させている。QoS機能によるチューニングで目標のレスポンス性能に到達しない場合、ILMで高速な格納先にデータを再配置することで性能を確保する。

 「VMware vSphere Virtual Volumes(VVols)」にも対応している。VVolsはVMware vSphereが備える機能であり、複数の仮想マシンを格納したストレージボリュームの単位で性能を制御するのではなく、個々の仮想マシン単位で性能を制御できるようにする。例えば、仮想マシンごとにゴールドやブロンズなどのポリシーを設定するだけで、ストレージの性能や機能を変えられる。

ETERNUS DX8000 S3シリーズの概要
用途と機能ハイエンドストレージ
ホスト接続インターフェースSAN(FC、iSCSI、FCoE)など
I/O性能最大構成時に毎秒約400万
税別価格最小構成で2215万6000円から
モデルDX8900DX8700DX8100
最大ドライブ数(SSD/HDD)4608台1536台96台
最大物理容量1万3824Tバイト4608Tバイト288Tバイト
最大キャッシュ容量6144Gバイト1024Gバイト64Gバイト
コントローラ数2~24台2~8台2台
発表日2015年7月1日
出荷日2015年7月31日2015年11月30日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan