SAN フラッシュストレージ 日本アイ・ビー・エム

IBM FlashSystem 900:独自ハードで高速化を追求したフラッシュSANストレージ

外付けSANストレージ装置「IBM FlashSystem 900」は、個々のフラッシュメモリボード上にFPGAで実装したデータ転送エンジンを搭載している。

 日本IBMの「IBM FlashSystem 900」は、フラッシュメモリで高速化を追求した外付けSANストレージ装置である。個々のフラッシュメモリボード上にFPGA(Field Programmable Gate Array)で実装したデータ転送エンジンを搭載するなど、独自のハードウェア機構を採用して高速化を図った。

 I/O性能は、読み取り時が毎秒110万、書き込み時が毎秒60万。アクセス遅延は、書き込み時が90マイクロ秒、読み取り時が155マイクロ秒。スループット(帯域)は、読み取り時が毎秒10Gバイト、書き込み時が毎秒4.5Gバイト。筐体は、高さが2Uで、幅445×奥行き761ミリメートル。

 FlashSystem 900は新モデルにあたる。既存モデルの「IBM FlashSystem 840」と比べて、フラッシュチップを独自開発の高密度、高信頼型のMLCチップに置き換えたことで容量を約40%増やしている。既存モデルが搭載するeMLC型と同等の書き込み回数を実現しながら、モジュールあたりの容量を増やした。

 既存モデルと新モデルの容量比較は以下の通り。既存モデル(840)は、RAID 5構成時に、最小2.06Tバイト(1Tバイトモジュール×4枚)から最大41.23Tバイト(4Tバイトモジュール×12枚)。これに対して新モデル(900)は、RAID 5構成時に、最小2.4Tバイト(1.2Tバイトモジュール×4枚)から最大57.0Tバイト(5.7Tバイトモジュール×12枚)。

 機能を高めた上位モデル「IBM FlashSystem V9000」(3625万1200円から)も用意している。複数の外部接続SANストレージや内蔵ストレージを束ねて仮想化するストレージ仮想化機能やストレージ階層化(ILM)、データのリアルタイム圧縮、シンプロビジョニング、スナップショット/レプリケーション、などの機能を利用できる。

 ストレージの高速化によるメリットとして日本IBMは、ソフトウェアライセンス費用の削減を挙げる。特に、データベースサーバ用途では、ストレージI/O性能を高めることでシステム性能が向上する。高速なストレージに置き換えることで、データベースサーバ機のCPUやCPUコア数を減らせるので、その分だけライセンスが減るというシナリオである。

FlashSystem 900の外観
FlashSystem 900の外観(日本IBM提供)
IBM FlashSystem 900の概要
用途と機能SAN接続型の高速フラッシュストレージ
特徴フラッシュメモリボード上にFPGAでデータ転送エンジンを実装するなど独自のハードウェア機構を採用して高速化を図っている
大きさ2U
ホスト接続インターフェースFibreChannelかInfiniBand
I/O性能読み取り時:毎秒110万
書き込み時:毎秒60万
アクセス遅延書き込み時:90マイクロ秒
読み取り時:155マイクロ秒
スループット(帯域)読み取り時:毎秒10Gバイト
書き込み時:毎秒4.5Gバイト
容量(RAID 5構成時)最小2.4Tバイト(1.2Tバイトモジュール×4)
最大57.0Tバイト(5.7Tバイトモジュール×12)
税別価格最小構成で1339万2000円から
発表日2015年2月24日
出荷日2015年3月20日
備考ストレージ仮想化/圧縮機能を兼ねた上位モデル「IBM FlashSystem V9000」(3625万1200円から)も用意

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan