SDS/ストレージ仮想化 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Storage:分散ストレージを中核としたSDS関連ソフト群

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)関連のソフト製品群「IBM Spectrum Storage」は、既存のストレージ製品をリブランドしたもの。

 日本IBMの「IBM Spectrum Storage」は、ソフトウェア定義ストレージ(Software Defined Storage:SDS)関連のソフト製品群である。既存のストレージ製品をリブランドする形で2015年2月に発表したSDSの新ブランドであり、現在は全6種で構成する。

 中核製品の「Spectrum Accelerate」は、ノードを並列に追加していくことで容量と性能を拡張できる並列分散ノード型のSANストレージソフトで、ハードウェア一体型の既存のストレージ「XIV Storage System」のソフトウェア部分を切り出したもの。

 2015年2月のリブランド当初は、XIVのソフトウェアを切り出したSpectrum Accelerateと、「Spectrum Scale」(旧General Parallel File System:GPFS)の2製品をラインアップしていた。いずれも複数ノードを束ねて単一の仮想的なストレージを構築できるソフトであり、前者は分散型のブロックストレージを、後者は分散共有ファイルシステムを実現する。

 この他の製品は以下の通り。1つは「Spectrum Virtualize」(旧SAN Volume Controller:SVC)で、複数の外部接続SANストレージや内蔵ストレージを束ねて仮想化するストレージ仮想化機能などを提供する。1つは「Spectrum Archive」(旧Linear Tape File System:LTFS)で、テープに対してファイルシステムとしてアクセスできるようにする。「Spectrum Protect」(旧Tivoli Storage Manager」はデータバックアップ/リカバリソフトである。

 直近の2015年6月29日には、最新サービスとしてストレージの稼働状況を監視するSaaS「Spectrum Control Storage Insights」を開始した。

Spectrum Control Storage Insightsの画面
Spectrum Control Storage Insightsの画面(日本IBM提供)
Spectrum Storageの概要
用途と機能ソフトウェア定義ストレージ(SDS)関連ソフトウェア群
構成製品Spectrum Accelerate=並列分散ノード型のSANストレージソフト
Spectrum Scale=並列分散ノード型のNASストレージソフト
Spectrum Virtualize=複数のSANストレージを束ねて仮想化するストレージ仮想化ソフト
Spectrum Archive=テープ用のファイルシステム
Spectrum Control Storage Insights=ストレージの稼働状況を監視するSaaS
Spectrum Protect=データバックアップ
価格中核製品のSpectrum Accelerateの場合、容量1Tバイトあたり50万円程度
発表日2015年5月18日
提供開始日2015年6月29日(新サービスのSpectrum Control Storage Insights)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「SDS/ストレージ仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]