RDBMS 日本アイ・ビー・エム

IBM DB2 on Cloud:RDBMSの「DB2」をSaaSで提供、月額で利用

「IBM DB2 on Cloud」は、RDBMSであるDB2を月額制のクラウドサービスの形態で提供する。Workgroup ServerとAdvanced Workgroup Serverの中位の2つのエディションを利用できる。

 日本IBMの「IBM DB2 on Cloud」は、同社のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)であるDB2を月額制のクラウドサービスの形態で提供する。中位の2つのエディション(Workgroup Server EditonとAdvanced Workgroup Server Editon)を利用できる。

 同社がDB2を汎用的なSaaS型として提供するのはDB2 on Cloudが初めて。クラウド型で利用できるDB2はこれまでもあったが、データベース単体で使えるSaaSではなく、アプリケーションの開発実行環境を提供するPaaS「Bluemix」で選択できるRDBMSの一つとして提供されていたに過ぎなかった。

 DB2 on Cloudの提供開始にあわせて、データウェアハウス(DWH)向けのRDBMSをSaaS型として提供する「IBM dashDB」についても、現時点で最上位となるエディションで大規模並列処理(Massively Parallel Processing:MPP)でクエリを高速に分散処理できる「IBM dashDB Enterprise MPP」を提供開始した。価格は月額224万9100円(データ容量12Tバイトまで)から。

IBM DB2 on Cloudの概要
用途と機能SaaS型で利用できるRDBMS
提供するソフトIBM DB2。中位の2つのエディション(Workgroup Server EditonとAdvanced Workgroup Server Editon)
IaaS基盤IBM SoftLayer
税別価格月額14万2800円から
発表日2015年7月3日
提供開始日2015年7月3日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan