クラウドストレージ ファイル共有 日本オラクル

Oracle Content & Experience Cloud:社外とも共同作業できるクラウドストレージ

クラウドストレージサービス「Oracle Content and Experience Cloud」は、Office文書や画像など業務でやり取りする非構造化データのファイルを一元管理、組織の内外で共有する。

Oracle Content and Experience Cloudのポイント

  • ファイルやフォルダ、スレッドのレベルで議論
  • コンテキストに即したコンテンツを既存のアプリケーションに埋込可能
  • SaaSやPaaSなどからファイル管理機能を利用するためのREST APIも公開

Oracle Content and Experience Cloudの製品解説

 「Oracle Content and Experience Cloud」(旧Oracle Documents Cloud Service)は、企業向けのクラウドストレージサービス。Office文書や画像などの企業ユーザーが業務でやり取りする非構造化データのファイル群を一元管理し、組織の内外で共有できるようにする。

編集部おすすめの関連記事

 共有するファイルを社内あるいは外部とも共同で作業できる。ファイルやフォルダ、スレッドのレベルで議論を交わすことも可能。ウェブサイトやファイル、フォルダ、チーム、プロジェクトの単位でソーシャルコミュニケーションを促進できる。モバイル端末で編集、注釈付け、コンテンツのレビュー、承認することもできる。

 ファイル管理にはOracle Databaseを使っており、バージョン管理やアクセス履歴管理、ファイルの全文検索が可能。クライアントソフトは、WindowsやMac、iOS、Androidに対応。ほかのSaaSやPaaSなどからファイル管理機能を利用するためのREST APIも公開している。

 Office 365からファイルを開いたり保存したりできるようになっている。REST APIを利用するためのサンプルや、WADL(Web Application Definition Language)で記述したREST型ウェブサービスの定義ファイルを用意した。

 コンテキストに即したコンテンツを既存のアプリケーションに埋め込んだり、アプリケーションのコンテンツをクラウド内のサイトやコミュニティーで拡張したりできる。「Oracle Integration Cloud Services」で既存のバックエンドデータに統合できる。データ主導型ビジュアルコンポーネント用のコンポーネントソフト開発キット(SDK)も提供されている。

 チャネル統合やビジネスに適したツールのためのAPIを使用し、複数のチャネルにわたるエクスペリエンスを提供。エンタープライズアプリケーションからのコンテンツ管理、既存のコンテンツソースに対するコンテンツサービスの提供、データとコンテンツの統合による関連付けの強化なども実現できる。

Oracle Content and Experience Cloudのまとめ
用途と機能Office文書や画像などのファイル群を一元管理し、組織の内外で共有
特徴ファイルやフォルダ、スレッドのレベルで議論を交わすことも可能。ウェブサイトやファイル、フォルダ、チーム、プロジェクトの単位でソーシャルコミュニケーションを促進できる。Office 365からファイルを開いたり保存したりできるようになっている。SaaSやPaaSなどからファイル管理機能を利用するためのREST APIも公開
税別料金Standard:指名ユーザー1人あたり月額15ドル
Enterprise:指名ユーザー1人あたり月額45ドル
Daily Visitor Sessions:日次の訪問セッション1000あたり月額40ドル

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  3. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  4. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  5. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]