RDBMS NoSQL NoSQL RDBMS その他データベース 日本オラクル Oracle

Uberの事例に学ぶ--NoSQLが最適解でない時

NoSQLには、データベース業界を一変させる可能性がある。だからといって、読者が次に担当するプロジェクトの最適解であるとは限らない。

 NoSQLには、データベース業界を「一変させる」可能性がある。だからといって、読者が次に担当するプロジェクトの最適解であるとは限らない。

 さらに、読者自身にとっての最適解という保証もない。

 あらゆる技術が例外なくそうであるように、NoSQLで得られる「成果」は、プロジェクトチームの知識や文化に大きく依存する。例えば、Uberが先ごろ実施したPostgreSQLからMySQLへの移行のように、本来適切であるはずの技術を導入することが文化に合わないこともあるのだ。

残り本文:約2099文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan