RDBMS NoSQL NoSQL RDBMS その他データベース 日本オラクル Oracle

Uberの事例に学ぶ--NoSQLが最適解でない時

NoSQLには、データベース業界を一変させる可能性がある。だからといって、読者が次に担当するプロジェクトの最適解であるとは限らない。

 NoSQLには、データベース業界を「一変させる」可能性がある。だからといって、読者が次に担当するプロジェクトの最適解であるとは限らない。

 さらに、読者自身にとっての最適解という保証もない。

 あらゆる技術が例外なくそうであるように、NoSQLで得られる「成果」は、プロジェクトチームの知識や文化に大きく依存する。例えば、Uberが先ごろ実施したPostgreSQLからMySQLへの移行のように、本来適切であるはずの技術を導入することが文化に合わないこともあるのだ。

残り本文:約2099文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. チームコラボレーションはなぜ失敗する?ファイル共有3つの「あるある」から解決策を探る
  3. Dropboxと社内のファイルサーバーを共存! 低コストで効率的なファイルマネジメントを実現する
  4. ビジネスを変えるAIと変えないAIの違いとは?業務で“使える”AIのかたちを動画で解説
  5. 機械学習は敷居が高い?使い慣れたSQLを使い、手間をかけずに大量データを分析

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]