NoSQL NoSQL

ビッグデータの世界に立ち向かう--NoSQLという答え

データが変われば、データベースも変化しなければならない。当記事では、NoSQLがいかにデータを変化させ続けるかについて解説しよう。

 データが変われば、データベースも変化しなければならない。当記事では、NoSQLがいかにデータを変化させ続けるかについて、Matt Asayが解説しよう。

 現在扱われるデータは、リレーショナルデータベースで管理することなど不可能だ。そもそも、そうした方法で管理してはならない。

 「NoSQLを使う必要はない」と主張する人もいる。こうした管理者はNoSQLを使う代わりに、四角い形をしたリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)という杭をNoSQLの丸い穴に無理やり叩き込むようなことをする。NoSQLのコンセプトを取り込もうとして、RDBMSを設計し直そうともする。

 後者のRDBMSの再設計が成功することはあるはある。しかし、現代的なデータ処理の要求される場面が増えている状況を考えると、カリフォルニア大学バークレー校教授のMichael Franklin氏が主張するとおり、素直にNoSQLの利用を始めるベきだろう。

 データベースおたくであるFranklin氏は、「ものごとが根本的に変化した」と指摘する。具体的には「1980年代にリレーショナルモデルが適用されて以来、おそらく最大の変化が起きた」と述べた。これは極めて大きな変革であり、例外なくビッグデータによってもたらされた。

残り本文:約1951文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan