オフィスソフト

オープンソースプロジェクト成功の秘訣--「LibreOffice」のThe Document Foundationに聞く

「LibreOffice」は数あるオープンソースプロジェクトの中でも一般ユーザーの認知度が高いソフトウェアだ。長い歴史を持つが、独立した非営利団体「The Document Foundatio」の下で、LibreOfficeという名称になってからは5年弱。その人気の秘密はどこにあるのか。

 オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」は数あるオープンソースプロジェクトの中でも一般ユーザーの認知度が高いソフトウェアだ。長い歴史を持つが、独立した非営利団体「The Document Foundation」の下で、LibreOfficeという名称になってからは5年弱。その人気の秘密はどこにあるのか――。

 ドイツでThe Document Foundationの執行ディレクター、Florian Effenberger氏、インフラ管理担当Alexander Werner氏の両氏に話を聞いた。


The Document Foundationの執行ディレクター、Florian Effenberger氏(左)とインフラ管理担当Alexander Werner氏

 LibreOfficeは2010年秋に、「OpenOffice.org」のフォークとして生まれたプロジェクトだ。その歴史は古く、1985年にさかのぼる。その年、ドイツでうまれた「StarOffice」というオフィススイートが原型で、これを開発する独StarDivisionを米Sun Microsystemsが1999年に買収、OpenOffice.orgとして公開した。

 そのSunが米Oracleに買収されたのは2010年、そしてその年の秋にOpenOffice.orgのフォークとしてLibreOfficeプロジェクトが発表され、取り組みの土台となる独立した非営利団体The Document Foundationが立ち上がった。

 そのタイミングからも、プロジェクトがOracleの下に入ることが不満だったと思いたくなるが、”独立した非営利団体を”というアイデアは随分前からあったという。「(Oracle買収とは)直接関係はない。(Sun買収後の)2000年にOpenOfficeとしてスタートしたときからゆくゆくは独立した非営利団体をという願いがあった」とEffenberger氏。

残り本文:約4506文字

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan