オフィスソフト

オープンソースプロジェクト成功の秘訣--「LibreOffice」のThe Document Foundationに聞く

「LibreOffice」は数あるオープンソースプロジェクトの中でも一般ユーザーの認知度が高いソフトウェアだ。長い歴史を持つが、独立した非営利団体「The Document Foundatio」の下で、LibreOfficeという名称になってからは5年弱。その人気の秘密はどこにあるのか。

 そのLibreOffice.orgの最新版「LibreOffice 5.0」が8月初めに公開された。LibreOfficeという名称になって10回目のメジャーリリースとなり、開発者のほか、QAスペシャリスト、ローカリゼーションなどのボランティアを入れると、3000人程度がなんらかの形で関与した成果物だ。

 5.0のフォーカスの1つがモバイルだ。それに先駆け、プロジェクトは5月末に「LibreOffice Viewer」を発表している。Android端末上でODF(LibreOfficeが採用するドキュメントフォーマット)形式のドキュメントの閲覧ができるネイティブアプリだ。「新しいプラットフォームへの拡大となり、プロジェクトにとって大きなステップとなる」(Effenberger氏)。

 Effenberger氏らによると、モバイル版は4年越しのアイディアという。最初のアイディアが発表されたのは、2011年にフランス・パリで開催されたカンファレンス。その後さまざまな作業を経て、2014年にAndroid版開発について2社(CollaboraとIgalia)に作業を委託することを発表した。その成果がViewerとなるが、ユーザーコミュニティーの反応は良好だという。5.0リリースでは、実験的にベーシックな編集機能を実装する。

 モバイル版で目指すのは、編集を含むフル機能を備えたアプリの提供だ。デスクトップでできることをモバイルでも行えるようにするには作業がまだ残っている。「”Base Framework”としてレンダリング、性能など、ユーザーに直接見えない作業がまだまだ残っている」とEffenberger氏はいう。

 今後の展開について、例えばApple「iOS」版の予定はあるのだろうか?――聞いてみたところ、「技術的には不可能ではないが、まずはAndroidでの作業が優先」とのことだった。iOS向けにもモバイル版を開発するアイディアは出ているが、具体的な計画はないという。


「Nexus 6」で動くViewer

 「Microsoft Office」などとの相互運用性も引き続き強化している。.docxや.xlsxなどほかのフォーマットのドキュメントの読み込み、書き出しはフィルタにより実現するが、ここでは2014年にDocument Liberation Projectが発足した。LibreOfficeのフィルタがほかのオープンソース製品にも利用されていることを受けてのもので、「これまでの投資の成果が製品となった」と喜ぶ。

 LibreOffice 5.0のローンチは成功だった。ダウンロード数=実際の利用ではないことから、TDFではダウンロード数を公開していないが、ブログのページ訪問者数はリリース日の8月5日に前日の1400から2万5000に跳ね上がり、Facebookでのメッセージのリーチ数は1万1000人に達したという。

 今後のフォーカスは、モバイル、それにウェブブラウザで動くオンライン版だ。オンライン版のアイディアもモバイルと同時期の2011年からで、作業は少しずつ進んでおり、Proof of Concept(概念実証)としてリリースされているという。だがTDFとしてのロードマップは立てておらず、われわれが利用できるようになるのは少し先になりそうだ。「長期的目標はモバイルとオンライン、直近のフォーカスはAndroid版」とEffenberger氏は優先順位を説明した。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  2. CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く
  3. 【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス
  4. 【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?
  5. 今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]